色彩検定攻略法…PCCSの色相環を覚える!

色彩検定に合格するために、欠かせないのが色相環です。色相環は色相を順序良く並べた色の環のことです。

色相環は1種類だけではなく、様々な表色系と呼ばれる色の表わし方によってそれぞれ異なる色相環があるのですが、色彩検定で最も使われているのは「PCCS」という色相環です。

今回はこのPCCSの色相環の覚え方を説明します。

覚え方は人それぞれの方法があると思いますが、その一例としてご参照ください。

・色相番号と色名

検定では色相番号と色相名を使った問題もよく出題されます。

PCCSでは色相は24色なので番号は1~24番まで、色相名はその番号に対応した24の色相名があります。

この色相名には「英語の色相名」と「日本語の色相名」がありますが、まずは日本語の色相名から覚えることをお勧めします(英語より日本語の方が得意な場合)。

まずは色相番号とそれに対応する色相名を一致させることから始めます。

色彩検定の3級ではこの色番号と色相名の組み合わせを問う問題が出題されることもあります。

このとき、記憶力に自信のある人は1番から順に暗記してもいいのですが、色彩検定は覚えなければいけないことがたくさんあるので、暗記するよりも理解して色相環を見て思い出せるようにしておいたほうが後々、2級1級と進んだときに楽になると思います。

覚えるときは、色相環の図の状態で番号と色相名とそれが色相環状のどこに位置するのかを覚えます。

テキストや問題集では、

2・赤・red

3・黄みのオレンジ・yellowish red

…というように表で番号順に並べているものもありますが、色相環の状態で合わせて覚えるほうが、効率がいいように思います。

iro_zu03_1

それでは、具体的に色相番号と名前を覚えていきましょう。

PCCSの色相は「赤」「黄」「青」などのように色相を表す色の名前だけで表されているものと、「黄みの赤」「青みの緑」のように、色相を表す色の名前の前に「色みの修飾語」をつけて表されているものがあります。ちなみに英語の場合も同様で「赤」は「red」、「黄みの赤」の場合は「yellowish red」となります。「~ish」は「~みの」という意味です。
各色相は「紫みの赤」が色相番号1で時計回りに1から24のしこそう番号が付けられています。
上の図を見てだいたいの配置をイメージできるようにしてみましょう。

色相番号1~4くらいまで「赤」そのあと時計回りに「黄」「緑」「青」と続き、「紫」

そしてまた「赤」に戻ります。

まずはこの5種類の色のだいたいの配置を覚えましょう。

スポンサーリンク
広告代

色彩検定に合格するために、欠かせないのが色相環です。

この色相環の色相番号と色相名を覚えることによって解答できる問題がたくさんあります。

逆に色相環が分からないと解けない問題が数多くあります。

図1

iro_zu03_1

まずは上の図1から「赤」「黄」「緑」「青」「紫」この5種類の色のだいたいの配置を把握してください。

・色相環24色の番号と名前を一致させる

ここからは具体的な覚え方です。覚え方といっても、全部を丸暗記する必要はありません。

色相は1~24までありますが、1番から覚えるのではなくまず覚えるのは「2」と「8」です。

上の図1を見てください。色相番号「2」の位置は向かって左側、時計で言うと9時の位置にあります。そして色相番号「8」の位置は一番上、12時の位置にあります。

色相環を覚えるときは、手書きでいいので自分で円を描いて、その円上に1~24の番号を振り、そこに色相名を書いていくと覚えやすいと思います。

紙とペンを用意して一緒に書いてみてください。

まずは「2」を基準にして、2を時計の9時の位置に置き、そこから時計回りに2,3,4・・・一番上に8、そのまま順に数字を並べ、2の対角線上、右側3時の位置には14が、真下の6時の位置には20が来ます。そして最後に2の下に1を書くという具合に数字を記入します。

まずは2と8、この2つをベースにしていきます。
色相番号2の色相名は「赤」、8の色相名は「黄」です。
「2」「8」の次は「12」「18」です。 12は「緑」、18は「青」です。

2「赤」,8「黄」,12「緑」,18「青」は心理四原色の近似色です。

図2

iro_zu03_2

2,8,12,18の色相名を書いたら、赤と青の間に「紫」を書きます。紫は赤と青のちょうど中間、「22」の位置に書きます。

これで基本になる色相名「赤」「黄」「緑」「青」「紫」の5色が決まりました。

次は、この5色の間の色、黄赤(PCCSでは「だいだい」)、黄緑、青緑、青紫、赤紫の位置を決めます。

まずは、赤の対角線上「14」の位置に「青緑」、黄の対角線上「20」の位置に「青紫」を書きます。この位置は2と8とセットで暗記してしまいます。

あとは「だいだい」は赤と黄のちょうど中間の「5」の位置になります。同様に黄緑は黄と緑のちょうど中間「10」の位置、赤紫も同様で赤と紫のちょうど中間「24」の位置になります。

これで色相を表す色の名前だけで表される色相名は埋まりました。

残りは「色みの修飾語」をつけて表す色相名です。

色彩検定に合格するために、欠かせない色相環ですが、この色相環は1~24まで丸暗記するのではなく、自分なりに整理しながら覚えることをお勧めします。
ここでは、その覚え方の一例を説明しています。

これまで、色相を表す色の名前だけで表されている色相名と色相番号、その位置について説明してきました。

今回は色相を表す色の名前の前に「色みの修飾語」をつけて表されるものについて説明します。

「色みの修飾語」とは「紫みの赤」のように「~みの」(英語の場合「~ish」)という部分です。

図1

iro_zu03_1

まず一度、色相環の全体を把握するために、色相番号と色相名を1~24まで並べておきますので目を通してください。

色相番号・色相名(日本語)・色相名(英語)

1・紫みの赤・purplish red

2・赤・red

3・黄みの赤・yellowish red

4・赤みのだいだい・reddish orange

5・だいだい・orange

6・黄みのだいだい・yellowish orange

7・赤みの黄・reddish yellow

8・黄・yellow

9・緑みの黄・greenish yellow

10・黄緑・yellow green

11・黄みの緑・yellowish green

12・緑・green

13・青みの緑・bluish green

14・青緑・blue green

15・青緑・blue green *

16・緑みの青・greenish blue

17・青・blue *

18・青・blue

19・紫みの青・purplish blue

20・青紫・violet

21・青みの紫・bluish purple

22・紫・purple

23・赤みの紫・reddish purple

24・赤紫・red purple

(*「青緑」と「青」は色相名での色の表示を、これ以上細かくすることができないので、色相番号14と15が「青緑」、17と18が「青」と、同じ色相名が2つ存在します。)

ここで、上にあげた色相名で「~みの」(「~ish」)とつく色の名前を見てみると、赤(red)・黄(yellow)・緑(green)・青(blue)・紫(purple)の5色相しか使われていないことがわかります。
つまり「赤みの(reddish)」「黄みの(yellowish)」「緑みの(greenish)」「青みの(bluish)」「紫みの(purplish)」の5つです。

これを「赤」「だいだい」「黄」「緑」「青」「紫」の6色相に修飾語としてつけるだけです。

位置については、のちほど説明します。

すでに出ているのは色の名前だけで表される色相、下記の12色相です。

1・

2・赤・red

3・

4・

5・だいだい・orange

6・

7・

8・黄・yellow

9・

10・黄緑・yellow green

11・

12・緑・green

13・

14・青緑・blue green

15・青緑・blue green *

16・

17・青・blue *

18・青・blue

19・

20・青紫・violet

21・

22・紫・purple

23・

24・赤紫・red purple

残りの12色相が「色みの修飾語」のついた色相になります。

ここでは色相番号順にたてに並べていますが、実際に覚えるときは、手書きでいいので自分で円を描いて、その円上に1~24の番号を振り、そこに色相名を書いていく方法がおすすめです。

円上に振った1~24の番号にすでに出ている色相名を書き込みます。

それをもとにその両サイドの色相名を埋めていきます。

スポンサーリンク
広告代
広告代

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする