2500年前に孔子が残した言葉で現在共感する言葉とは?

2500年前に孔子が残した言葉で現在共感する言葉とは?

論語が2500年間残り続けた理由

無関心
論語読の教え、読めばほっこり。2500年前と今を結ぶ「共感」

論語は孔子とそのお弟子さんのやり取りを中心に、およそ2500年前に孔子が残した言葉をお弟子さんがまとめた書物で御座います。

そんな遥か昔の出来事をまとめた書物が現代まで残り続けている理由は、いつの時代でも通用する普遍的な善や徳、あるいは理論といったものを、論語の中に見出すことが出来るからだと思われます。

「昔の人が、昔の人のために作ったものでしょ?」

と思われるかもしれませんが、論語に収められた孔子の言葉は「生きている人間」に向けられたもので御座います。

当時の、2500年前を生きた人間に向けられた言葉では御座いますが、例えばピラミッドに象形文字で「最近の若いやつは」と落書きされているように、人とはいつの時代もびっくりするぐらい変わらないものに御座います。

つまり、当時を生きた人間に向けられた言葉は、今を生きる我々にも十分に通用すると思って頂いて良いかと思います。

例えば論語の中にこんなエピソードが御座います。

ある一人の弟子が言いました。

「村中の人から愛される。こういう人は立派な人ですか?」

孔子は答えて言いました。

「それはどうだろうね。立派な人というのは、良い人からは好かれ、悪い人からは嫌われる。村中の人から愛されるというのはどうだろうね」

他人から嫌われているのではないかと恐れる人は、現代にも沢山居られます。

中には、自分は悪くないのに周囲から不当に嫌われているという方も、いらっしゃるのではないかと思います。

上のエピソードは、不当に嫌われる人に対して、「あなたは悪くない」と救いの手を差し伸べると同時に、我々に「嫌われる勇気」という気概を与えてくれます。

昔からこんなやり取りしてたのねえと単純に興味深くも御座いますし、中には「現代に生きる今の自分が抱える問題を解決するヒント」が、きっと見付かると思います。

長い歳月を経てもろ過されずに、残るべきもの、残すべきものとして現代まで残り続けた論語は、決して昔の人のために有るのではなく、今を生きる我々を助けるために有るものに御座います。

論語は512の短文が全20篇で構成されています。各短文は時系列に関係無く並べられております。ここでは最初の篇である「学而(がくじ)第一」から順にご紹介を致して参ります。

スポンサーリンク
広告代

思い出すたびに深まる

學而第一

一.
子曰、學而時習之、不亦説乎、有朋自遠方来、不亦樂乎、人不知而不慍、不亦君子乎、

子曰く、学びて時にこれを習う。また説(よろこ)ばしからずや。
朋あり、遠方より来たる、亦た楽しからずや。
人知らずして慍(うら)みず、亦た君子ならずや。

※子(し):先生の意。「孔子」で「孔先生」を意味する

先生は言われました。

学んだことが事有る毎に思い返され、理解が深まって行く。これは喜ばしいことです。

同じ志を持つ友とは遠くからでも集まって来るものです。これは楽しいことです。

知らない人のことを悪く言わないというのは、君子の成せることです。

解説

「学びて時に之を習う」は、「一度学んだ事を、間を置いてもう一度学ぶ」または「学ぶこと、そして実践して身に付けること」などと訳されたり致します。

要は復習すること、しかも、実生活の中で「ああ、これのことを言うのかあ」という場にめぐり逢えたら、それは机上や頭の中に在る文字や記号ではなく、身に付いた学問と成る、というコトだと思われます。

例えば仕事で毎日同じような事を繰り返しているようでも、繰り返す度に理解が深まり、仕事の質は洗練され、より良いものになって参ります。こういう事を言うのだと思います。

また、大切な親友が居るとして、何かの切っ掛けで「ああ、この人はやっぱり私の親友だ」と改めて思うことがあれば、それも「学びて時に之を習う」に相当すると思います。

喜ばしいことで御座います。

「朋あり、遠方より来たる」の「朋」の字には「同じ学び舎で学んだ学友」等の、学習に結びつける意味を持たせるのが通常で御座います。

しかし何かを学ぶ場とは机を並べてやるばかりのものでは御座いませんので、「何かに共に従事した仲間」という解釈が善いかと思われます。

現代はSNSなどで遠くの方とも簡単につながることが出来る時代に御座いますが、インターネットが存在しない2500年前からすでに同じような人たちが同じ場所に集まるということは有ったように御座います。

類は友を呼ぶとも申しますが、遠くから友がやって来る、遠くの人とつながり友となる、それはとても楽しいことで御座いますね。

「人知らずして慍(うら)みず」の「慍」の字は、「怨む」と解釈するのと「怒る」(これだと読みは「いきどおらず」)と解釈するのと、両方が御座います。

どちらにしろ、自分が直接触れていない、良く知りもしない人のことを、噂話や見た目の印象などだけで悪く言ったりしないことを言うのだと思います。

「君子」という言葉は論語の中に頻繁に出て参ります。

「立派な人」の意ですので、知らない人のことを悪く言わない、それが出来るのは立派なコトだねえと仰っているのだと思います。

人が人の噂をするのは世の常で御座います。皆がおもしろがって有ること無いこと噂をするものに御座いますが、噂の標的にされて苦しむ人というのもまた、いつの時代も存在するものに御座います。

人の噂話をしない。ただそれだけのことかもしれませんが、孔子はそれを立派な人の行いだと仰っておられます。

スポンサーリンク
広告代
広告代

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする