税務署窓口やオンライン上から可能である、個人事業主の開業申請届

税務署窓口やオンライン上から可能である、個人事業主の開業申請届

36

1.どこへ、個人事業主の開業届を出すのか?

現在、多くの自らの個人事業を既に開業をされている、あるいは、今から開業を目指している等々、様々な方はおられる事と思います。

そうした方が申請をする、個人事業主としての開業届を、どういった場所において申請をしたりするなどといった点に関しては、ご存知ではない方も、決して少なくは無いなどといった現状があります。

それではこの事について、今から話していきます。

個人事業主の開業届を受け付けているのは、我が国内の場合には国税庁の管轄になり、その下部組織である、全国各地にある税務署の窓口や国税庁が運営をしているインターネットサービスである「e-tax」を通じての、申し込みという形になります。

これには法律上の理由があり、確定申告などを受け付けたりしているのが国税庁や税務署などになりますので、このような体制が採られるようになっています。

スポンサーリンク
広告代

2.どのような事業を行うのか、明確性の必要性

やはり、自らの事業内容を明確にして、個人事業主としての開業に関しての申し出でを国税庁や税務署に対して行うといった点から、それらの官庁も、違法性があったり、公序良俗に反するような事業内容であったりはしないかについて、判断をしたうえで、申請を受け付けるといったようなあり方があります。

そうした国税庁側の立場とかも考えたりしたうえで、申請を出したりする際には、事業内容について、明確に表記をしたうえで書類の提出をしていくという心構えが、非常に重要となります。

また、法人などのような、法律上3人以上の複数からなる人員で申請を行う法人設立申請や、労働者などの場合の白色申告書ではなく、個人事業主用の青色申告からなる「青色申告申請届」という形で、確定申告に関しての申請を、同時に行う事が必須といえます。

3.国税庁運営の「e-tax」のおすすめ

人によってはやはり、住んでいる地域や土地環境などの事情とかにより、中々、税務署やその出張所などに直接出向いたりする事が困難であるといった方も、少なくはありません。

そうした現状を踏まえたりしたうえで、現在インターネット環境において国税庁が運営をしている「e-tax」サービスがあります。

これは先程も話したように、確定申告や個人事業主の開業届だけではなく、法人事業開業届やその他、様々な変更届などもネット上から出来るようになっていますので、管理者である国税庁をはじめ、全国各地の商工会や法人会なども、利用のおすすめを主張をしたりしています。

個人事業主である自営業者などの方で、今からインターネットサービスの利用を考えている方などには、とてもおすすめの申告サービスである事には、間違いがありません。

4.個人商業登記(商号登記)の社会的信頼性について

複数の人員からなる株式会社や持分会社(有限会社等)、組合などとは異なり、個人商店あるいは個人事務所などといった形での、個人事業主という立場からの自らの事業に関しての、世論への公示を何らかの形でしなくてはならないような必要性が、どうしても出てきたりします。

そこで、今まで話した国税庁や税務署とかへの申請だけではなく、法務局への、個人事業主としての個人商業登記いわゆる「商号登記」を備える事が、法的にもおすすめです。

法人設立登記などと違う、個人事業に関しての商業登記といった形になりますが、一旦これを備えたりすると、会社法人等番号が交付をされるうえに、登記謄抄本・事業印鑑証明の発行や印鑑カードの作成とかもしてもらえたりしますので、事業融資の申請をしたりする際においては、相手方である貸主事業者とのやり取りなども、かなりし易くなります。

登録免許税代金が3万円分掛かる場合もありますが、それでも、備えるとかなりな公示面においての力を発揮してくれますので、個人事業主にとっては、大変頼りになる存在といえます。

こうした面を考えてみても、備える点については大変おすすめです。

5.まとめ

個人事業主にとって、一番の課題といえるところは、法人や組合とかのように複数の人員で事業を発起したりするのではなく、個人で事業の立ち上げをしていくといった点で、中々世論から信頼といったものをされにくいといった、デメリットが大きい点といえます。

それでも自分自身が経営者であり、仕事のノルマなどをも自分で設定出来たりして、自分のペースで仕事をしていけるといった点が、個人事業主の一番のメリットであるといえます。

このように、個人事業主といったものには、良い面と悪い面とがそれぞれあるといえますが、ブラック企業などのように無理なノルマを強制をされたり、上司とかがいない分、対人面においての悩みとかもありませんので、何ものにも縛られずに自分自身のペースのみで、自由に仕事をしていきたいなどといったような方には、この個人事業主としての独立をした就労(労働)形態は、大変おすすめです。

また、最近ではインターネット環境が著しく発達をしているなどといった事情もあって、個人事業主としての開業がかなりし易いといった社会的傾向などもあります。

そうした面を考えてみても、現在どうしても職が中々見つからない、あるいは対人関係などで悩んだりしている方などは、インターネット環境を媒体にした個人事業主としての開業は、非常におすすめであり、失業対策としても、大変うってつけです。

スポンサーリンク
広告代
広告代

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする