天体望遠鏡のある山小屋をご紹介します。


天体望遠鏡のある山小屋をご紹介します。
高山に宿泊すると、晴れた夜にはとても美しい星空が楽しめます。

でも、高山の澄み切った空気ならではの、高性能の天体望遠鏡で見る土星の環や木星の美しい縞、息をのむほど美しい遥かな星雲の姿を楽しんでみたい。

そんな贅沢な望みを叶えてくれる、素敵な山小屋をいくつかご紹介します。

大型天体望遠鏡のある山小屋

高見石小屋

北八ヶ岳の標高2300mにある高見石小屋は、本格的な天体望遠鏡があるので有名な山小屋です。

この小屋のすぐそばにある「高見石」は、静かな佇まいが美しい白駒池と、北八ヶ岳のパノラマが見える絶好のビューポイントです。

小屋のテラスからの眺望も見事で、夜はここが天体観測所になります。

小屋のオーナーやスタッフから星空の説明を聞くことも可能で、晴れた夜には望遠鏡を使った天体観測イベントも行われます。

この小屋の天体望遠鏡は、山小屋利用者のカンパで費用をねん出し、すべて自作で作られた口径350ミリ大型望遠鏡です。

(望遠鏡の作成者は、この小屋の愛好者で、現在、大学で物理の教鞭をとっている元天文少年。オーナーの依頼で望遠鏡作成に至った経緯はNHKテレビでも紹介されました。)

この小屋へは、国道299号線最高地点の麦草峠からのルートが便利です。峠のバス停(駐車場) から、高見石小屋までは、1時間~1時間半で到着します。

マナスル山荘新館(入笠山)

南アルプスの最北端、標高1995mの入笠山は、頂上付近まで車で行けるアクセスの良い山で、麓からの登山リフトもあります。

この頂上直下に「すずらんと星の宿」というキャッチフレーズの「マナスル山荘新館」があります。

元来は、すぐ横にある「マナスル山荘」の施設だった天体観測ドームが、新たなオーナーの手で改装されオープンした山小屋で、徒歩0分で到着できる山頂小屋として、天文ファンには有名です。

この山荘に近づくと、口径600mmの大天体望遠鏡が設置されていた天文ドームが目立つのですぐわかります。

ここには大の天文ファンという現オーナー夫妻が揃えた、実に数多くの天文機材(望遠鏡や撮影用カメラ、ソフトなど)があり、珍しい太陽観測用望遠鏡もあります。

この宿から上、頂上近くにはJAXA(宇宙航空研究開発機構)の光学観測所もあることからも、この山が天体観測に絶好のロケーションだということが分かります。

多くの天文ファンが訪れるこの山荘ですが、初心者向けに小型の天体望遠鏡や多くの貸し出し機材が充分に用意されており、初歩的な質問にも丁寧に説明してもらえますので安心です。

山荘近くには、時期により多くの花が咲き乱れる入笠湿原もあり、20~30分程で登れる入笠山山頂の360度の視界も素晴らしいので、是非一度、利用したい山小屋です。

スポンサーリンク
広告代

使いやすい天体望遠鏡のある山小屋

富士見山荘(大菩薩峠)

登山口から大菩薩峠への登り道にある、標高1700mの富士見山荘には、口径320ミリの大型ニュートン式反射望遠鏡があります。

山小屋には珍しいスライディングルーフ付きの専門の観測室を設けた本格的な施設です。

さらに、野外に持ち出せる大型天体望遠鏡も用意されています。

小屋の南方が開けており、星好きには見逃せない山小屋です。

また、この小屋ではオーナーによる天体観望会を開いており、星空の見えない天気には、天体写真などで楽しむスライドショーが開催されます。

星観荘 富士山6合目

富士山の富士吉田口の六合目、2300m付近にある「星観荘」は、その名のとおり、星を観察するのには絶好の山小屋です。

小屋に着いたら、まず小屋から五分程登った経ヶ岳に行きましょう。

展望岩からは、眼下に望む山中湖方面の東の地平線から昇る朝日もお勧め。

この場所のご来光を目的にこの小屋に泊まる人も多いそうです。

日中は、富士山ろくの景色が彼方の地平線まで続き、 富士五湖を全て見ることが出来ます。

そして、日が暮れると夜空には満天の星が登場します。

独立峰の富士山でしか味わえない、地平線が遠い視界の分だけ、現れた星空の迫力が身近に感じられます。

特に、比較的登山者は少なくなるけれど、夜の寒さはまださほど厳しくない、9月上旬がお勧め時期だと思います。

秋には時折やってくる大陸からの移動性高気圧がもたらす数日間の好天気が、上空の気流が安定していて、この場所での星空観測に最高のチャンスでしょう。

湿り気の少ない、この小屋での天体観測は、下界では味わえないクリアな映像が天体望遠鏡の視界に飛び込んできます。

この小屋には、3台の天体望遠鏡があります。

特に大型ではありませんが、その分比較的扱いやすい天体望遠鏡なので、星空ばかりでなく、月齢によっては、思い切り拡大した「ど迫力クレーター」などの、月面観察も楽しみましょう。

天体望遠鏡のある山小屋の楽しみ

山の上の星空は本当にきれいです。でも、折角の澄んだ透明度の高い夜空を楽しむのには、性能の高い天体望遠鏡が飛び切り有効です。

といっても、重いリュックに加えて、天体望遠鏡を運んでゆくのは不可能ですから、ここにあげた山小屋は、満天の星空にプラスαの特別な愉しみを加えてもらえる、素敵な場所だと思っています。

残念なことに、雨が降らなくても、雲が広がっていると当然のことながら、星は見えません。

天気予報をしっかり調べて、晴れた夜空を期待して目的の山小屋を目指しましょう。

スポンサーリンク
広告代
広告代

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする