NISAと積立NISAどちらがお得!?将来使うお金なら積立NISAを‼

NISAと積立NISAどちらがお得!?将来使うお金なら積立NISAを

2018年が始まりましたね。新年ということもあり、1年の目標を立てたりする人も多いと思います。

私は毎年「今年こそは〇〇円貯める!!」という目標を立てたりしていますが、お金に関する目標を立てる人も多いのではないでしょうか。

〇〇に旅行に行きたいからいくらためる、あの車が欲しいからいくらためる、等々、お金を貯める理由は人それぞれだと思います。

貯める理由にも様々なものがあれば、貯める手段も様々です。

日本人にとってお金を貯めると言えば銀行の預金というのが主流ですが、果たしてそれでいいのでしょうか。

2018年が始まり、新しく始まる「積立NISA」というものがあります。

「NISA」という言葉は、金融機関(主に証券会社)のCM等で聞いたことがある人も多いかと思います。

では、これまでの「NISA」と、新しく始まる「積立NISA」、何が違っていてどんな人に向いているのかを今回は説明したいと思います。

スポンサーリンク
広告代

・NISAとはそもそも何??

NISAという言葉は聞いたことがあるという人も多いと思いますが、ではNISAとはいったい何なんでしょうか。

NISAとは、「少額投資非課税制度」のことです。

この制度が始まる以前は、たとえ少額の投資であっても20%の税金がかかっていました。

税金で20%というと、消費税が10%になるのにも抵抗のある人にとってはかなり高いものですよね。

これが、年間120万円までは非課税となる制度がNISA(少額投資非課税制度)なんです。

20%もの税金がかからなくなるんですから、120万円も取引しないという人が使わない手はないですよね。

・NISAで取引できる商品

株や投資信託など、金融商品はかなり多くなっています。では、NISAで扱うことのできる金融商品にはどのようなものがあるのか見ていきたいと思います。

基本的にNISAで取引できる金融商品は、ほぼ全ての金融商品と言っていいです。

株式(国内・国外)、ETF(上場投資信託)、REIT(不動産投資信託)等、一般的に「投資」と聞いて思い浮かべるものは全てだと思ってもらって大丈夫です。

・積立NISAとは??

では次に2018年1月から始まる「積立NISA」について説明します。

NISAとの大きな違いはまず、名前に「積立」とついている以上、「積立専門のNISA」です。なので、積立以外の投資、例えば株式を500株安くで買って、高くなったら売るというような投資はできないです。できないというよりは、「非課税にならない」と言ったほうがいいかもしれませんね。

積立専門なので、「積立投資信託」や「株式積立」といった、月々〇〇円を、特定の投資信託や株式に積み立てて、それを換金したときに出る利益に対してかかる税金が非課税になります。これが、通常のNISAとの大きな違いになります。

次に大きく違う点は、非課税枠の金額です。先ほど述べた通り、NISAでは年間120万円までが非課税となります。しかし、積立NISAでは、年間40万円までと、通常のNISAの非課税枠に比べると非常に少ないものになっています。

しかし、積立は基本的に長い目で見るものですよね。短期間で売買を繰り返すというような性質のものではないと思います。そう考えると積立の非課税枠が40万円というのはだとうな金額だと思います。

また、NISAでは述べませんでしたが、非課税になる期間が定められています。通常のNISAでは5年間は非課税というように定められていますが、積立NISAでは最長20年間と非常に長いものになっています。これも、積立という商品の性質上、長い目で見てお金を貯めてくださいねという観点から定められています。

・積立NISAを使うべき人

通常NISAと積立NISA、その違いはわかって頂けたかなと思います。

では、いったいどっちを使えばいいのか、という点について書いていきたいと思います。

積立NISAは、先ほど述べたように「長い目で見て、コツコツ積み立ててください」というものでした。なので、少し先の将来のためにお金を貯めたい、という人に向いています。例えば、10年後子供が大学進学する年齢になるから、そのための資金をためておきたいとか、15年後のマイホーム購入に向けてお金を貯めておきたい、といったような人には積立NISAがお薦めです。

逆に、積み立てるよりも半年~1年という単位で株式の売買をして、短期的な利益を出していきたいという人は通常NISAをしましょう。積立NISAだと、積立しかできなくなってしまいます。

・いざ積立NISAで始めてみたけど・・・

長い目で見てコツコツ積み立てるから、積立NISAを始めてみた、でもやってみると通常の株の売買にも興味を持ち始めた!そんな人も出てくるかもしれません。

残念ながら、通常NISAと積立NISAの両方の口座を作ることはできません。ちなみにですが、NISA口座は1人につき1つとも決められているので、〇〇証券と△△証券どちらにもNISA口座を開いておこうということもできません。

では、積立以外もやりたくなった人はどうすればいいのでしょうか。

そういう人は、1年待ってください。NISA口座は1人につき1つですが、どの金融機関で開くのかは1年に1回変更ができます。最初は〇〇証券でやっていたけど、△△証券に換えようということができます。それと同時に、積立NISAから通常NISAへの変更も可能となっています。1年に1回なので、もし変えようというときは金融機関選びも含めて慎重にしてくださいね。

・さいごに

今回はNISAと積立NISAについて書きました。

自分が何のためにお金を回そうとしているのか、それをよく考えたうえで始めてくださいね。

このようにNISAや積立NISAが始まったり、今は年金についてもiDeCo(個人型確定拠出年金)というものが始まっていたりと、投資をしやすくなっている世の中です。

「お金は銀行」という昔ながら、日本人ながらの感覚を捨てて、少しでも投資にシフトしていってみてはいかがでしょ

iDeCoと積立投信。使う予定のお金なら積立投信がおすすめ!!

スポンサーリンク
広告代
広告代

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする