新仮想通貨「イーサリアム」とは?日本で購入出来るのか?


新仮想通貨「イーサリアム」とは?日本で購入出来るのか?

イーサリアムは正式にはオープンソース・ソフトウェアの一つです。

ただ、イーサリアム自体は非常に難しく、利用している人の多くがちゃんと理解はしていないかと思いますし、そこまで理解する必要もありません。

なぜならば、日本ではそこまで深くは考えられておらず、イーサリアムが使っている内部通貨であるイーサを総称して、イーサリアムと読んでいるからです。

ここでは、とりあえずは新仮想通貨であるイーサリアムについてを理解できるように紹介したいと思います。

まず、仮想通貨ということは良く理解されているかと思いますが、仮想通貨にはいろいろな種類がありますね。海外発のビットコインや、日本発のモナーコインなど、ネット上で取引される実際の紙幣や貨幣などを持たない、そのためにネット上でグローバルに取引することができる通貨の事です。

そして、このイーサリアムはICOなどでも使用されており、2017年度には半年間で価格を40倍近くにも上昇させ、時価総額で2兆3500億円(現在は下降している)にまでのぼり、ビットコインに次ぐ、世界で2番目に高い仮想通貨となりました。

それほどにまで価格を上昇させたる理由はいくつもあり、複雑に絡まっているとは思いますが、そのうちの一つに欠かせない要素として、イーサリアムが仮想通貨として持っている、最大の特徴があります。

それは、イーサリアムではユーザー独自に定義した契約ができること、いわゆるスマートコントラクトができることです。

スポンサーリンク
広告代

このスマートコントラクトとはなにか。

独自に定義した契約ができると言われてもピンとは来ないかと思います。

少しずつひも解いてみましょう。そもそも、スマートコントラクトはここでは「デジタルに表現される資産をあらかじめ定められたルールに従って自動的に移転できる仕組み」を指示します。

これでもまだまだぼんやりとしていますね。要するに仮想通貨の取引を、ユーザーがどうするかを事前に決めて、それをプログラムが勝手にやってくれる、というものです。

これが実現されたことで、売りたいタイミングを逃すこともなく、またプログラム同士の取引によって、何者かに騙されることもなく、確実性と安全性の高い取引が可能になりました。

また、従来の株取引などの資産運用では、「信用」が重視されていました。信用できる人にしか売れない、あるいは売らない、取引相手がお金を払ってもらえるか、反社会勢力に繋がっていないか、などの調査を要することもあり、コストがかかるものでした。

スマートコントラクトはそのコストもプログラムに全て任せることでカットすることが出来ています。まさに、非常にスマートに取引ができる仮想通貨であり、それが人気の秘訣なのです。

では、このイーサリアムですが日本でも買えるのでしょうか。

簡単に結論を言えば、日本でも取引をしているサイトがありますので、そちらで交友することが可能です。

例えば、日本初の過疎通貨取引会社である「bitFlyre(ビットフライヤー)や他よりも安く入手できる可能性が高い「GMOコイン」、そして、イーサリアムを含めた、ビットコイン以外の仮想通貨の取引量の多い「Coincheck(コインチェック)」などが有力な候補として挙げられます。

イーサリアムの場合は特にGMOコインで取引をするのがおすすめです。なぜならば、他よりも安く入手し易いので、利益を増大させやすくなるからです。

さて、ここまでイーサリアムについてを紹介してきましたが、最後に少しだけイーサリアムに関する問題点や今後の将来性などを付け加えておきます。

前述の通り、ICOにも使用されたり、確実性や安全性が高い仮想通貨として広く知られ始めていますが、イーサリアムはプログラムでの取引を行っているが故の欠点を抱えています。

ネットで取引をするということは、少なくともそのために必要なサーバーなどがあるのですが、思った以上に早く広まったために、そのサーバーなどの許容量を超える取引が行われるようになっており、取引の遅延や停止などが起こされ、こちらは未だに完全に解決されてはいません。

また、昨今の事情に詳しい人は良くご存知かと思いますが、大手のビットコインを始め、イーサリアムを含めたその他の仮想通貨、いわゆるアルトコインの価格が大きく下落し始めています。

ある時期には、イーサリアムの価格が2018年度に大きく上がるのでは、と言われていましたが、現状を見るにそれは机上の空論であったことが証明されたと言ってもいいでしょう。

むろん、将来性はあるとは思いますし、下落してからこのまま下がり続けるかもわかりません。

取引の確実性はあれども、利用することで儲けが出る、良い資産運用ができるとは限らないものですから、イーサリアムを使って、今すぐに早く儲けられるというわけではありませんので、もしも使ってみたいと思うのなら、長い目で見て気長に運用をしていくことが重要になるのではないでしょうか。

アリペイ日本上陸!?キャッシュレス時代は来るのか?使い方は?

スポンサーリンク
広告代
広告代

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする