確定給付年金と確定拠出年金の違いとは?


確定給付年金と確定拠出年金の違いとは?

高齢化社会になり、少子化も激しくなった昨今では将来の年金に対する不安が散見されるようになり、多くの人達が老後の蓄えを心配するようになりました。

特に企業年金に対する不信感はより強まるばかりです。その最中の2001年に、日本は従来の確定給付年金の他に、確定拠出年金という新しい制度を導入しました。

これによって年金を受給する会社員や従業者たちには年金制度の選択が可能になったのですが、この二つについて詳しく違いを知らないと言う人も多いかと思います。

それぞれについてどのような違いがあるのでしょうか。

まずはそれぞれについて、より仔細に知っておく必要があるでしょう。

まず、従来から取られ続けた年金制度である確定給付年金ですが、以下のような特徴があります。

将来の給付額を決定し、企業が資産を運営し、将来の受給者が一定の金額を拠出して積み立ていく。ゆえに将来の給付額は企業が保証し、確定している。

年金資産の運用は企業あるいは企業から依頼された生命保険会社や信託銀行が行うことになっており、それぞれを「基金型」と「規約型」と呼ぶ。

個人別の残高については個人が把握することはできない。

企業側の負担が大きく、万が一資産の運用がうまくいなくなる、もしくは企業の業績自体が悪化すると確定していた給付額が減額される可能性がある。

スポンサーリンク
広告代

では、次に確定拠出年金についての特徴を見てみましょう。

最初に拠出額、いわゆる掛け金を先に決定し、加入者ごとが資産の運用、管理を行う。

そのために、運用のリスクは加入者自身が行うことになる。また、拠出額は社員や従業員個人が増額することが可能。

リスクは高いが加入者自身の運用実績が将来支払われる年金の額を左右することになる。上手くいけば多額の給付金を受けられる反面、上手くいかなかった場合は給付額が少なくなる。

確定拠出年金には企業が退職金制度の一環として導入する「企業型」と自営業などの人が個人で加入する「個人型」がある。また、個人型は会社員も専業主婦も加入可能。

税制優遇の制度が取られている。

企業には加入者がうまく運営できるように教育を行う義務が発生する。

だいたいの違いは上記に挙げた通りです。

簡単に言ってしまえば、とりあえず決められた金額を支払い続けていれば将来にある程度安定した年金をもらえるのが確定給付年金で、支払うかどうかあるいは支払う金額をどうするかを決められるものの、運用の面倒さやリスクがある反面、リターンが大きくなる可能性があるのが、確定拠出年金ということです。

なお、転職をする際にはどちらに関しても転換や持ち運びはできます。確定給付年金の場合は、企業に任せて運用していた年金を、確定拠出年金の資産として転換することになります。

非常に簡単に言ってしまえば、この二種類の年金制度が企業年金としてあるわけですが、このどちらがいいかというのは非常に決め難い問題です。

確定給付年金は従来に取られてきた年金制度であり、その前提として「これからも安定した年金が支払われ続けること」がありました。

ところが、ご存知の通り少子高齢化が激しくなり、高齢者を支える若い世代にこの確定給付年金を支払わせ続けようとした結果、掛け金が膨大になり、負担が増してしまいました。負担が増えていけば、支払えない人も出始めて、支払わない人達も生まれてしまいました。

これが、これまでに言われてきた年金問題の一つであり、確定給付年金の前提が崩れ始めて、将来への不安につながったのです。

そして、この不安をある程度和らげるために生まれたのが確定拠出年金でした。

運用を任せるということは、より大きな負担を課されてもいい人と、そうでない人が自由に掛け金を決められることになり、ある程度は年金を支払わないという最悪の選択を減少させることを目論んでいたのです。

実際、より収入のある人が将来の不安を和らげるために確定拠出年金を選択して、将来にたくさんの年金を支払ってもらおうとはしているでしょう。

ただし、相変わらず年金制度が崩壊しかけているのに違いはありません。どれだけ自由に決められる確定拠出年金が登場したと言ったところで、運用できるだけの十分な知識を持っている人もおらず、また根本的な原因である少子化が解決しておらず、負担の減少はできてはいないと言えるでしょう。

かといって、そう簡単に解決する問題でもありませんから、それぞれの個人ができることは確定給付年金と確定拠出年金のそれぞれの特徴を理解し、それぞれのデメリットとメリットを鑑みた上で、将来の不安を軽減する安全策として、どちらを選択していけばいいか、老後の蓄えを運用していくかを考えていく必要があると言えます。

むろん、経済状況が変わり易い世の中ですから、どちらにするかを臨機応変に変えていくことも必要になることもあるでしょう。そのためにもより詳しい知識を蓄えておくことが重要になるのではないでしょうか。

NISAと積立NISAどちらがお得!?将来使うお金なら積立NISAを

iDeCoと積立投信。使う予定のお金なら積立投信がおすすめ!!

スポンサーリンク
広告代
広告代

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする