ブロックチェーンの仕組み技術とは?仮想通貨との関係とは?

ブロックチェーンの仕組み技術とは?仮想通貨との関係とは?

ブロックチェーンは、ビットコインの取引データの技術

ブロックチェーンとは、最近よく聞かれる言葉ですね。

ブロックチェーンという言葉自体は知っているけれど、ブロックチェーンの詳しい内容まではそこまで分からないという人も多いかもしれません。

ブロックチェーンは、ビットコインで取引をする際の技術のことを言います。

じゃあビットコインって何?という話になるでしょう。

スポンサーリンク
広告代

仮想通貨の1つ「ビットコイン」とは??

テレビのコマーシャルで

「DMMビットコイン♪」って、ローラさんが歌っているのを見たことがある人もいるでしょう。

なので、ビットコインという言葉には聞きなじみがあるのではないでしょうか。

このビットコインは仮想通貨の1つです。

仮想通貨には様々な種類があるのですが、最もメジャーな仮想通貨がこの「ビットコイン」です。

仮想通貨は、主にインターネット上での取引で使われる通貨で、普通の通貨のように現物は存在しません。

SuicaやnanacoやWAONのような電子マネーに近いものです。何かしらの電子マネーを持っている人は多いですよね。

この「電子マネー」と「仮想通貨」が同じものと解釈している人もいますが、実際は違うものです。

電子マネーはお金をチャージし、その金額分を決められたお店で使用することができます。

チャージしたお金は、お店側がレジで間違った金額を入金してしまったという特別な理由以外は、現金として戻ってくることはまずありません。

そうです。もう使わないから残っている300円をお金で戻して欲しいといっても無理なのが電子マネーです。

各電子マネーの規約にも、一度チャージしたお金は現金として戻すことはできないと注意書きがあります。

しかし、仮想通貨は取引所を通して現金にかえることができるのです。

この点が電子マネーと仮想通貨の大きな違いです。

また、電子マネーの通貨価値は変動しませんが、仮想通貨の通貨価値は景気やその仮想通貨の市場での人気状況により常に変動します。

それから、電子マネーは使用できる地域が限定されますが、仮想通貨は世界各国で使用できます。

各国で使用できるということは、便利な反面、悪い人たちから狙われやすいということでもあるので、セキュリティーに関してはきっちりしないといけません。

その為、インターネット環境をオフにしておくとか、紙面にしている人などもいます。

インターネットでオンラインの状況で仮想通貨を置いておくと、盗まれる可能性があるからです。

現物の通貨が存在しないという点に関しては、電子マネーも仮想通貨も一緒ですね。

ビットコインとブロックチェーンの関係性

前項の内容から、ビットコインが仮想通貨だということは分かりましたね。

また、ブロックチェーンは、ビットコインで取引をする際の技術だということも分かりました。

そして、ブロックチェーンはビットコインでの取引履歴でもあります。

つまり、ブロックチェーンは銀行の通帳のような役目も果たしているのです。

先日、日本でもNEMという仮想通貨の取引所が攻撃され、多額の仮想通貨が盗まれる事件がありましたね。

盗まれた総額は580億円とのことで、大変な事件だったことは記憶に新しいですね。

このNEMという仮想通貨は、1つの取引所にすべての通貨が置いてあったので、そこを攻撃されてしまい、犯人は全ての通貨を根こそぎ持って行くことができてしまったのです。

このことから、仮想通貨ってセキュリティー的に弱いのかな。怖いなあと思った人もいるでしょう。

しかし、ビットコインはブロックチェーンによりデータを分散してあるので、1つの場所が攻撃されても全ての通貨が持って行かれるということはありません。セキュリティー的にはとても安心できるものとなっています。

ブロックチェーンは、その名のとおり情報がブロックごとになっています。

そして、それぞれがチェーンのように繋がっているような仕組みになっています。このブロックがどんどん順番に並び、前後の情報の関係を伝えていくようになっています。

万が一、これらのうちの1つのブロックが攻撃されたとします。

しかし、この攻撃後に不正を働くためには、新なブロックができる10分以内に、世界中に存在するブロックの半分以上のデータを書き換える必要があります。

1人や2人では無理と言えます。

世界中の人々が協力し、一斉にデータを書き換えるというのであれば、もしかしたら可能かもしれません。そんなことで多くの人たちが協力するとは思えませんが…。

ということで、現実問題そんなことは不可能といっても過言ではないですよね。

このように、1つのブロックの情報を読み取れたとしても、前後のブロックの情報たちが分からなければ中身を読み解くことができないのです。

そして、前後の関係だけを読み取れてもダメで、トータルして繋がっているブロックの情報を読み取れないと意味をなさないのです。

このことからブロックチェーンがあるのでビットコインは非常に安全だと言われています

スポンサーリンク
広告代
広告代

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする