オリンピック選手村の滞在費移動費を誰が負担してるの?国の違いは?

オリンピック選手村の滞在費、移動費、いったい誰が負担してるの?国ごとの違いは?

選手たちの為の費用

選手たちの移動費、宿泊費は公益財団法人日本オリンピック委員会が負担します。

外国の選手もそれぞれの国のオリンピック委員会が負担しています。

各国の代表選手が一堂に会するという事は例えばトレーナー、コーチのようにそれに関わる人たちも同じように現地へ赴き、滞在する訳なので、その経済効果は言うまでもなく凄まじいものです。

さらにそれを追うジャーナリスト、観客も含めるとその地域になだれ込むお金の量はとてつもないです。

各国が必死に自国でオリンピックをかいさいしようとするのは頷けます。

ちなみに開会式、閉会式等で着る衣装、競技用ユニフォームは実費若しくはその選手のスポンサー負担です。

オリンピックに出る様な選手には当然のようにスポンサーがついているので、実費というのは余程の事がない限り考えられません。

日本オリンピック委員会のお金

公益財団法人日本オリンピック委員会通称JOC企業のスポンサー、政府からの補助金で運営されています。政府からの補助金は毎年25億円にものぼります。

日本オリンピック委員会職員の年収

日本オリンピック委員会では毎年職員を募集しているわけではありません。必要な時にその都度募集をします。

また、その職員の多くは元スポーツ選手、政治家等各界である程度の実績を積んだ人、或いは新卒でオリンピック委員会職員を目指す人に求められるスキルはtoic600以上スポーツに対する幅広い知識、オリンピックへのリスペクトです。

新卒だと基本給19万に福利厚生5万円程度でおよそ月給24万円もらえます。新卒でこの給料はなかなか魅力的ではないでしょうか。

そして何よりも世界的な大イベントの一翼を担えるというのは大変光栄でやりがいのある仕事だと言えます。

代表選手の給料

オリンピック代表選手の給料はスポンサーが付いている選手なら、大会に向けて練習に専念できますが、そうではない選手は普通の会社員と同じように仕事をして、仕事終わりに競技の練習をするという方もいます。

大会で入賞することによっても報酬はあります。

JOCから金メダルは500万円、銀メダルは200万円、銅メダルは100万円、それに加えて各競技団体からの報奨金があります。

個人的にはオリンピックで活躍した選手にはもっと報酬与えてもいいように思えますが、各選手はその知名度を活かして様々な活動をするので結果的には大金を手にすることになります。

オリンピック代表選手の監督の給料

日本代表選手の監督は基本的に監督が本業ではなく大学教授、企業に属している人が多いです、選手が代表強化選手に選ばれるとJOCより毎月50万円支給されます。選手と同じように一流とされるコーチは選手と同じようにスポンサーが着けば企業に属さなくとも練習に専念できますし、テレビや雑誌等のメディア出演で稼いでいる人も案外多いです。

コーチの現地での滞在費はJOCが負担します。

選手村の建設費及び運営費

選手村の建設費はおよそ、平昌オリンピックで200億円程度。このお金は韓国が負担します。選手村はオリンピック閉会後宿泊施設として一般開放できるのでその後の収入も見込めます。平昌五輪の選手村の構造はまるで大学の学生寮のように機能的でシンプルな作りですが、3週間の滞在には十分でしょう。また、閉会後一般開放するにしても代表選手が宿泊したというホテルはプレミアがつきます。

スポンサーリンク
広告代

オリンピックとパラリンピックの選手村の違い

オリンピックとパラリンピックの選手村の違いは建物がバリアフリーであるかどうかという事です。ただ障害の種類、重さによって必要なケアがそれぞれ違ってくるので建設費がかかるのはもちろんのこと、障害者のケアに精通したスタッフを配置しなければならないので、人件費もさらに必要だといえます。

2020年東京五輪

2020年の東京五輪の東京都中央区の晴海にオリンピック、パラリンピック両方の選手村が建設される予定です。この選手村の建設にあたって政府は特定建築者制度を利用していますこれは民間の事業者に業務を委託するための制度で、公共施設を民間事業者が持っているノウハウを生かして魅力的な建築物を建設するのがこの制度の理念です。2020年東京五輪の後の選手村は住宅地として利用される予定です。

まとめ

オリンピック選手村から始まり、オリンピックに関わるお金の話をしてきましたが、オリンピック開催に関するお金は各国政府が負担しますが、その後代表選手、マスコミ、観客、膨大な人が現地に訪れるのでオリンピックの経済効果は戦争についで強力なものがあります。

世界中から多くの人が訪れ、注目されるオリンピックそこにはたくさんの人の思いとお金が交差しているという事です。

スポンサーリンク
広告代
広告代

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする