スマホ決済「Origami」の使い方とメリットデメリットとは!?

今回の注目記事は、スマホ決済「Origami」の使い方とメリットデメリットとは!?です

スマホ決裁「Origami Pay」について

あなたは、「Origami Pay」(オリガミ ペイ)というスマホで簡単便利に行える決裁システムのことを御存知でしょうか?最近、日々その加盟店が増加し、その各々で「特典キャンペーン」が開催されています。その為、利用ユーザーの数も飛躍的に伸びているスマホ決裁システムです。

ここでは、その「Origami Pay」について、その使用方法と、メリットとデメリットについてご紹介します。

「Origami Pay」の概略

このスマホ決裁システムは、冒頭書きましたように日々拡大しているのが驚く点です。

現在、確実に把握しているところを列挙しますと、ローソン、ロフト、パルコ、和民、坐・和民、ケンタッキーフライドチキン(一部店舗)、白遊空間、無印良品、フランフラン、AOKIなど、全国20,000か所以上の加盟店で利用できる決済方法です。(Origami株式会社HPより)

一般のクレジットカードや企業グループで利用するカード類とは異なり、クレジットカード会社を超えての利用が出来るようになっています。

利用ユーザーは、スマホをお店のQRコードを専用アプリで読み込めば支払いが完了します。その支払方法が簡単すぎるので初めは戸惑う方々も多いかと思いますが、慣れてしまえば他のクレジットカードや現金等で支払うより、スムーズに支払うことが出来てしまうので、驚きとともに人気が徐々に高まっています。

「Origami Pay」での支払い詳細

では、具体的に支払いに関する詳細をご紹介します。先ほど概略で申し上げた専用アプリで読み込んだスマホを、加盟店の店頭で支払い時に示されるiPAD等で表示されるQRコードをスマホカメラ機能で読み込みます。

読み込めば店側の端末であるiPAD等で「お支払いが完了しました」との表示がなされます。

この間数秒ですが、これでそのお店の支払いは完了したことになります。初回専用アプリをダウンロードするだけですので手間はかかりません。アプリをダウンロードする時には、事前にいくつかの情報を登録する必要がありますが、それ以降はほぼ何もする必要はありません。

つまり、自身の持つクレジットカードを登録する必要があるだけです。利用ユーザー側の決裁自体はこの登録したクレジットカードから引き落とされる仕組みになっています。

スポンサーリンク
広告代

「Origami Pay」を使うメリット

次に、今一つ理解しにくい方々のために、この「Origami Pay」で決裁するメリットをご紹介します。

① ユーザー側が「Origami Pay」への登録に際しては「初回登録料」「年会費」等は一切必要がありません。完全無料で利用できる点が第一のメリットとして上げられます。

② 「Origami Pay」のアプリで登録できるクレジットカードの種類は複数できるということです。その為、利用する店舗に応じて使用したいクレジットカードを選択することが可能になります。

③ 「Origami Pay」で登録できるクレジットカードの種類が非常に多いということになります。

「Origami Pay」で登録できるクレジットカードは、開始当初はVisaカード・Masterカードのみでしたが、つい最近の2018

年9月20日からJCB、アメリカンエクスプレス、ダイナースクラブ、Discoverにも対応できるようになりました。これだけのクレジットカード会社が登録できるとなれば、国内ではほぼすべての店舗で使用可能だということになります。なお、中国の銀聯カードはシェア的に少なく大きな問題にはならないと考えられま

す。

④ その時々に応じて決裁するクレジットカードを選択することが出来るので購入金額や購入物品・サービスの種類で使い分けることも可能になります。

⑤「Origami Pay」で登録できるのは、クレジットカード会社だけでは無く、自身の銀行口座も登録でき、そこから引き落とせるようにもなっています。

⑥ ①~⑤は、ユーザー側のメリットですが、店舗側のメリットとして新たな設備投資が要らないということです。専用機器の導入の必要はなく、市販のiPAD等で対応でき、費用が掛からない点がメリットとして上げられます。

⑦ 「Origami Pay」利用キャンペーンもあります。つまり、「Origami Pay」の利用で2%引き、10%引きとそのお店独自のキャンペーンを打つことが出来ることにあります。

⑧ クレジットカードの個人情報が店舗に知られることがありません。クレジットカードの暗証番号、ID等の個人情報が漏れることが無く、クレジットカードのスキミング被害等の犯罪に巻き込まれることがありません。

「Origami Pay」を使うデメリット

次に、「Origami Pay」のデメリットとも言うべき課題点を以下にご紹介します。

① 支払い時には自身のスマホのBluetoothをONの設定にする必要があります。一般的にBluetoothを使用している場合は良いのですが、OFFにしている場合は、その都度ONにする必要があります。

② 急増中の加盟店ですがまだまだ少ない状況です。電子マネーである「楽天Edy」、「iD」、「QUICPay」といったものと比較すると、少ないのが比較的デメリットになっています。

③ 他の電子マネーと比べれば決裁完了までやや手間がかかります。これは、「おサイフケータイ」では、決済用端末に携帯電話をかざすだけで完了します。また、Apple Payの場合でも、端末にかざすと自動的にWalletアプリが起動し、Touch IDやFace IDによる認証で支払い完了となります。「Touch ID」ではホームボタンに親指を置くだけ、Face IDはスマホの方を見るだけで完了します。しかし、Origami Payの場合は、自分でアプリを起動してQRコードを読み取る作業が必要で、やや手間がかかります。

④ Origami Payでは「ガラケー」が使用できません。

Origami PayではiPhoneかAndoroid端末でしか支払い決済が出来なことがデメリットになります。

以上、急成長する「Origami Pay」についてご紹介しました。

スポンサーリンク
広告代
広告代

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする