ホンダ世界初のハイブリッドバイク販売PCX HYBRIDとは!?

今回の注目記事は、ホンダ世界初のハイブリッドバイク販売PCX HYBRIDとは!?です

遂に二輪市場にもハイブリッド化の波が到来!

先日、自動車メーカーの「ホンダ」が量産二輪車用として世界初となるハイブリッドシステムを搭載した二輪車を発表しました。

二輪車と言う限られたスペースしか使用できない車体にハイブリッドシステムを搭載し、それを量産型にまでブレークダウンできたということは、ホンダの二輪車開発技術の結実とも言えるでしょう。

そもそも燃費性能が高い二輪車ですからハイブリット化により更なる燃費向上はもちろんなのですが、ドライブアシストとしての性能に注目すべき点が多いように見受けられます。スムーズな動力系の作動が、より快適なハンドリングを可能にし、二輪車固有のワイルドさも残しつつ流麗なフォルムで完成させたことは、ホンダの真価が示されたと言えるかもしれません。

ここでは、このハイブリッド化された二輪車の詳細を紹介するとともに、今後の開発の方向性を探ってみたいと思います。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【お買い得車市場対象車両】PCX HYBRID◆新車パールダークナイトブルー◆
価格:419904円(税込、送料別) (2018/10/7時点)

楽天で購入

その名は、「PCX HYBRID」

現在、二輪車の中でもそのスタイリッシュなフォルムと環境性能に優れたエンジンを搭載している既発売の車種である「PCX」シリーズに、「PCX HYBRID」として、原付二種((第二種原動機付自転車)スクーターとして2018年9月14日に発表会が開催されました。

この「PCX」は2018年4月に新発売されたモデルで、それをベースにしたものになっています。このベースモデルのPCXに高出力型リチウムイオンバッテリーが新規に搭載され、この電源をエネルギー源として、「エンジン始動の補助パワーとして」更に、「発電を担っているACGスターターに駆動アシストの機能」を持たせている点が注目されています。

「PCX HYBRID」のエンジン機能

このハイブリッド化により、エンジンへの電動モーターによるアシストを行うことが可能になりました。この事により、他社同クラス(125cc)スクーターに比較して、機敏なスロットルレスポンスが実現化され、高い動力性能を実現しています。

また、この「PCX HYBRID」には、乗り手の趣向や走行環境に応じて、変化させることのできる2モードを採用しています。設定されている2種類のモードについてご紹介します。まず「Dモード」については、一般的な路面走行と適度ですがパワフルなアシスト機能を両立させ、低燃費にも寄与することのできる走行を実現するモードとなっています。さらに「Sモード」は、リチウムイオンバッテリーで駆動するモーターアシスト機能を発現させる機能を持っており、よりパワフルなモードとなっています。この「Dモード」「Sモード」は、自在に切り替えられますので、乗り手の判断で選択可能となります。

スポンサーリンク
広告代

「PCX HYBRID」のバッテリー及び関連機能

高出力型の48Vリチウムイオンバッテリーを動力源として、エンジン始動とアシスト機能を充実させています。この機能は、アシスト制御、バッテリー監視機能を有する「パワードライブユニット(PDU)」を介することで機能し、駆動アシスト機能を追加したACGスターターによって実現されることになります。

このACGスターターにおけるアシスト機能は、乗り手のスロットル操作が行われるとともに始められる「アシスト開始」から、約4秒間作動します。このアシスト開始から、最大トルクを約3秒間継続し、その後1秒間で徐減させる制御機能が組み込まれている仕様になっています。

この電動アシスト機能は、スロットルの開閉度合に合わせたセッティングが出荷前に行われており、PCXと同じように扱いやすい機能に仕上がっています。これにより、走行状況に応じたスピーディーな加速性能を手に入れることに成功しています。

「PCX HYBRID」のその他機能

以上ご説明しました機能の他にPCX HYBRIDが持つ機能としては、「アイドリングストップ・システム」、「フロントのみが作動するABS(アンチロックブレーキシステム)」、「Honda SMART Key システム」等が増備されています。このHonda SMART Key システムは、一般車両に使用されているシステムと同じく、スマートキーを携帯して車両に接近することで、衣類のポケットなどからスマートキー自体を取り出すことなく、メインスイッチノブの解施錠を可能とするなど充実した装備となっています。

「PCX HYBRID」の車体構造(主要機能ユニットの配置)

この「PCX HYBRID」では、「フルフェイスヘルメット」が1つ余裕で収納できる容量23リットルのラゲッジボックスの後方に高出力リチウムイオンバッテリーを配し、フロントカバー内にPDUを配置するなど、限られたスペースに高効率な配置を実現させています。さらに必需品となる「バッテリーマネージメントユニット(BMU)」は、「リチウムイオンバッテリー」のパック内に収納させコンパクトで合理的なバッテリーユニットになっています。このBMUは高エネルギー密度のリチウムイオンバッテリーの管理と、バッテリー残量などを正確に管理する機能を持っている大切なユニットになっています。

「PCX HYBRID」の購入

以上のように数々のHYBRID化が進んだPCX HYBRIDですが、ホンダの発表によれば、日本国内での販売計画台数が2,000台となっています。価格は432,000円(税・リサイクル費込み)での販売になります。取り扱い店としては、「Honda 二輪EV取扱店」で取り扱うとのことです。ただし、このPCX HYBRIDが受注生産ですので、店頭で発注のオーダー行わなければなりません。

今後の二輪車ハイブリッド市場の行方について

ご紹介しました、PCX HYBRIDは世界初と言いましても、あくまでもアシスト機能に特化しており、EV走行は仕様に含まれていません。将来的に内燃機関の無いコンプリートな電気自動車と同様、完全なEV二輪車が開発されて来るものと考えられます。ただし、自動車市場とは異なり、二輪車市場そのものが比較的小さいこともあり、その行く末が気がかりになります。早晩、SF映画の「トロン」に出てきた二輪車と同じような量産バイクが出現することを期待したいものです。

スポンサーリンク
広告代
広告代

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする