台風が成長する仕組みとは?

そもそも台風ってなんでしょう?

具体的に何を台風って言うんでしょうか?

強い雨風にみまわれる嵐という感じですが、それだとざっくりしてますよね。

具体的には「熱帯地方で発生した低気圧の中でも特に強いもの」のことを台風って言います。

強くなってない熱帯地方の低気圧は「熱帯低気圧」と言います。

うん、わかりやすい。

そのままですもんね。

熱帯地方というのは、日本に来る台風に限って言えば日本のはるか南の海ということになります。

南の海の上で発生した低気圧が強くなって日本に来たものをみんな「台風」って言ってるんですね。

「強くなって」と言っても、ちゃんと基準もあります。

平均最大風速が17,2メートルを超えたものを「強くなった!」と決めています。

つまり「日本の南海上で発生した平均最大風速17,2メートル以上の熱帯低気圧」が台風の正体です。

台風の発生に必要なのは太陽熱

太陽の熱によって海の水が温められます。

日本のはるか南の海の上ですからね、日差しを遮るものが何もないですし、南だから暑い!

しかも太陽は昼間にギラギラに輝いちゃってるわけです。

朝から晩までギラギラの太陽に温められると、海の水は蒸発していきます。

するとものすごい水蒸気が発生するんです。

もう聞いただけで超過酷な環境ですよね…太陽がギラギラ照らしていて暑い上に、水蒸気が立ち込めてるので湿気でジメジメして不快指数爆発!って感じです。

そうやって大量に発生した水蒸気は、今度はどんどん空に昇ってくんです。

水蒸気は空気より軽いですからね。

それが上昇気流です。

「上」に「昇」っていく水蒸「気」の「流」れが上昇気流だったんですね。

上昇気流がどんどん起きると、気圧が下がります。

低気圧ですね。

普段地面や海面を圧してる気流ですが、上昇しているので地面や海面を圧してる力が弱くなるんです。

圧してる気流の力が弱まってるので低気圧ですね。

さあ、台風の元が生まれました!

それだけ温められて発生した水蒸気たちは、軽いので空に昇っていきますが、空は気温が低いですよね。

今度はすっごい冷やされることになります。

すると水蒸気は冷えて固まり大きな積乱雲になるんです、なんてこったい!

積乱雲っていうのは、あの夏によく見かけるようなもこもこした雲のことです。

入道雲とか言ったりしますね。

なるほど!夏にあのもこもこした雲がよく見られるのは、暑いからこそだったんですね!

そこに地球の自転の力が加わります。

ご存知の通り、地球は回ってます。

その回ってる力が雲にも働くんですね。

地球が西から東に向かって回転しているので、西から東に風が吹いているわけですね。

積乱雲たちは回転する風の力を与えられ続けると、今度は雲の渦ができるんです!

こうして積乱雲に西から東に風が吹きつけられ、反時計回りにできた渦が台風なんです!

スポンサーリンク
広告代

台風が強くなるのは?

太陽の熱で海水が温められると、蒸発して水蒸気になります。

水蒸気は気体なので、上昇します。

上昇すると今度は上空は寒いですから、冷やされることになりますね。

水蒸気は冷やされると、気体から液体(水)になるのです。

その水がどんどん集まって大きな積乱雲を作ります。

熱かった水蒸気が冷やされ水になるとき、水蒸気は熱を放出します。

熱を放出して水になってるんですね。

熱が放出され続ければ、そのあたり一帯はとても暑くなります。

水蒸気から出た熱で温められている状態です。

ヤカンでお湯を沸かすとき、水を温めますよね?

やがて水の温度が上がっていくと水蒸気が発生します。

水という液体は温められると水蒸気という気体に変化するのです。

それは逆にすれば気体である水蒸気を冷やすと液体である水になるということです。

水蒸気が上空で冷やされ水になり、そのとき熱を放出してるわけですが、この熱でまた水蒸気が発生します。

で、発生した水蒸気はまた上空の冷たい空気で冷やされて熱を放出して水になり、その放出した熱で水蒸気が発生して…とこれを延々とループされ続けることによって台風は成長します。

そして上昇気流が水蒸気を上空に押しあげていますが、太陽熱で水蒸気が発生し続けていれば上昇気流も発生し続け、この上昇気流がどんどん上空に水蒸気を舞い上げる力の役割になってしまうんですね。

なので台風は上陸すると勢力が弱まります。

陸地は海面と違って水蒸気の発生源となる水があまりないですからね。

上陸すると次第に弱まるのはこのためだったんですね。

気になる人工台風の噂

ここまで自然にできる台風の仕組みを見てきましたが、「人口台風」という言葉をご存知でしょうか?

その名の通り、人工的に作っている台風のことです。

「まさか、そんなことできるわけないでしょ?台風は自然のものだよ」

そう考えるのが普通だと思います。

しかし、一部で噂されているのが人工台風の存在です。

HAARPという施設で研究・開発された気象操作技術により、政治や経済的な狙いがあり意図したときに意図した場所に雨や雪を降らしたり、台風を作り出すこともできる、と言われています。

このような技術で人工的に地震も起こしていると言われています。

戦前のころは天気の予測は軍事機密により一般に公開されることはあり得ませんでした。

そのくらい戦争の勝敗に影響を与えるということです。

ということは、戦争していたころの軍のお抱え研究者などは「敵対国の天気を操ることができたら…」なんて考えることくらいは想像に難くありません。

現在でも戦争していたり一触即発で戦争や内戦が始まるかもしれない地域はたくさんあります。

真偽のほどは定かではありませんが、月に行ったり宇宙で人間が活動できる技術があるのですから、地球の空を操作するなんてよっぽどたやすい気がしますね。

スポンサーリンク
広告代
広告代

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする