テニス全豪オープンの賞金額と日本人最高順位は?

今回の注目記事は、テニス全豪オープンの賞金額と日本人最高順位は? です

全豪オープンテニス。
テニス4大大会のうち最初に行われるグランドスラムです。
気になるその賞金はどうなっているのでしょうか?

2018年のテニス全豪オープンの賞金総額は、昨年より10%増の5500万豪ドルです。
日本円に換算すると約48億5000万円となっています。
賞金は男女で異なるということはなく、ともに同じ金額です。

シングルス

優勝…400万豪ドル(約3億5300万円)
準優勝…200万豪ドル(約1億7600万円)
準決勝…88万豪ドル(7800万円)
準々決勝…44万豪ドル(3900万円)
4回戦…24万豪ドル(2120万円)
3回戦…14万2500豪ドル(約1230万円)
2回戦…9万豪ドル(約800万円)
1回戦…6万豪ドル(約530万円)
予選3回戦…3万豪ドル(約260万円)
予選2回戦…1万5000豪ドル(約130万円)
予選1回戦…7500豪ドル(約66万円)

ダブルス

優勝…70万豪ドル(約6200万円)
準優勝…35万豪ドル(約3100万円)
準決勝…17万5000豪ドル(約1540万円)
準々決勝…9万豪ドル(約800万円)
3回戦…4万9000豪ドル(約430万円)
2回戦…2万9500豪ドル(約260万円)
1回戦…1万8500豪ドル(約160万円)

混合ダブルス

優勝…17万5000豪ドル(約1540万円)
準優勝…9万豪ドル(約800万円)
準決勝…4万3500豪ドル(約380万円)
準々決勝…2万500豪ドル(約180万円)
2回戦…1万250豪ドル(約90万円)
1回戦…5250豪ドル(約46万円)

スポンサーリンク
広告代

2018年度の日本人選手の結果

・車いすの部女子ダブルスで優勝、上地結衣/マジョレーン・バイス選手

決勝では全員が世界ランキング5位以内、そして上地選手以外がオランダの選手だったといいます。
第一セットは24分の早さでした。
第10ゲームで上地選手のショットで勝利が決まりました。
上地/バイスペアでは2年ぶりですが二度目の優勝となります。
上地選手は2014年、2015年とジョーダン・ワイリー選手とのペアで連覇しています。
上地選手個人で見ると4回目の優勝です。
良いペアに恵まれましたね。

・ダブルスでベスト4進出、マクラクラン勉選手

マクラクラン勉選手は4大大会初出場です。
全豪オープンで日本男子のベスト4入りは史上初の出来事です。
マクラクラン選手はニュージーランド人の父と日本人の母との間に生まれました。
シングルスでは目立った成績がなかったのですが、ダブルスで一躍頭角を現します。
昨年からコーチに声を掛けられニュージーランドから日本に登録を変更しました。
日本に登録を変更していてよかったです。

・車いすの部男子シングルス決勝進出国枝慎吾選手

国枝選手は2007年から2011年まで5連覇しています。
そして2013年から2015年には3連覇しています。
それだけの栄冠を勝ち取っている国枝選手です。
さすがですね。

・大坂なおみ選手は惜しくも4回戦敗退

4回戦での対戦相手は世界ランキング1位のシモナ・ハレプ選手でした。
試合は大坂選手が3-6、2-6とストレート負け。
初めてのグランドスラムベスト8進出にはなりませんでした。
過去の対戦成績を見ても大坂選手の0勝2敗でした。
4大大会でシモナ・ハレプ選手と対戦するのは2016年の全仏オープン以来となります。
大坂選手は世界ランキング72位と大きな差がありますね。

・杉田祐一選手は2回戦敗退
イボ・カルロビッチと対戦し、惜しくも敗れました。
イボ・カルロビッチ選手と対戦するのは今回が初めてでした。

・西岡良仁選手は2回戦敗退
アンドレアス・セッピ選手と対戦。
西岡選手が1-6、3-6、4-6のストレートで敗れてしまいました。
両者の対戦は今回が初めてのことでした。
西岡選手は、2017年3月に左ひざの前十字じん帯を損傷しており、ツアーを長期離脱していました。
グランドスラムは西岡選手にとって久しぶりでした。
そのため今回の出場は「プロテクトランキング」というケガをした選手がなるべく早く復帰できるシステムを使っての出場となりました。
ケガの影響はやはりあったのでしょうか。

・日比野菜緒選手、全豪での初勝利ならず

日比野選手はドナ・ベキッチと対戦。
5-7、3-6のストレート負けとなりました。
試合前のインタビューでは「フォアハンドで相手を圧倒できれば勝ちにつながる。昨年グランドスラムで初勝利した喜びは大きかったので、1つでも多く勝ちたい」と言っていただけに残念ですね。

・ダニエル太郎選手、二回戦進出ならず

最後まであきらめずに必死に食い下がるダニエル太郎選手でしたが、ジュリアン・ベネトー選手に逆転負けを許してしまいました。
最後まで気を抜かないようにしないといけませんね。

・注目の錦織圭選手は欠場

錦織圭選手は「リハビリは順調だけど、5セットマッチをベストな状態で戦うにはまだ100%じゃないんだ」とコメントし、全豪オープンは欠場しました。
早く100%になってほしいですね。
その日を楽しみです。

スポンサーリンク
広告代
広告代

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする