中国のDiDi大阪で配車サービス開始!?使い方とは!?

今回の注目記事は、中国のDiDi、大阪で配車サービス開始!?使い方とは!?です

2018年9月より大阪で、中国の配車サービス大手のDiDi(ディディ)と、日本携帯電話会社大手のソフトバンクとが共同してタクシー配車サービスを実施する為、「DiDiモビリティジャパン」を発足しました。

タクシーの配車サービスとは、乗客より配車を依頼された時に、電話オペレーターがモニター画面から、自社又は自社グループの空車タクシーを確認し、客の現在位置から最も近いタクシーを選別、タクシードライバーに指示して迎車として指示するサービスのことで、キーとなるオペレーターは長年の経験や勘で配車を選択するという場面も多くありました。

今回、中国で実績を積むというDiDiはAI(人工知能)を駆使して、最も効率の良い配車を行うということがセールスポイントで、大阪のタクシー会社との共同でスタートした会社です。

以下、どれほどのものなのか、またその使い方等も含めてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク
広告代

DiDiの持つノウハウ

この配車サービスは、すでに日本で展開している「Uber」や「Japan Taxi」と基本的には同じで、「呼ぶ、乗る、降りる」の基本的なTaxi利用の行動を、配車から支払いまでを1つのアプリで一括してしまうという仕組みです。

しかし、DiDiの強調する利用メリットは、中国の広大な地域で地球5,000周分の距離である、2億キロメートルのデータを、自社およそ5,000名のデータサイエンティストが、その動きを日々分析することで「配車アルゴリズム」の精度を高めていることにあります。

このアルゴリズムと言う用語、一般の我々にはあまり聞きなれない言葉ですが、要するに、「ある特定の問題を解く手順を単純な計算や操作の組み合わせとして明確に定義したもの」と言うことになります。つまり、タクシー利用に係る膨大な乗降データや走行データを一定の数式や定式により効率的な配車が実現できるようにしているということになります。

例えば、日本国内のとある地域(大阪など)では、20Km走行する乗客、と1.5Kmしか走行しない乗客等がどの地域に多く、どの地域に少ないか、また一旦乗せた客の目的地へのルートや、降ろした後、空車で帰る際はどの道を通れば乗客が拾える確率が高まるかなどを、以前はドライバーの経験と知識、配車オペレーターの経験と勘に頼っていたところを、全てIT化していることになります。

したがって、中国におけるDiDiが持つノウハウとは、中国でしか使えないノウハウでは無く、世界各国で使用できる「アルゴリズム」を構築する方法と言うことが出来るでしょう。

大阪でのDiDiモビリティジャパン

今回、大阪で発足した「DiDiモビリティジャパン」ですが、スタート時にはタクシー会社12社1,000台以上のタクシーを確保していると発表されています。

また、サービスエリアとしては、大阪市域及び泉州地域となっており、明らかに関西国際空港を利用する乗客をターゲットしていることがうかがえます。

大阪圏以外の方々はあまりご存知ないかもしれませんが、大阪市内から関西国際空港までは、バスでも電車でも共に1,000円前後かかる距離感ですから、タクシー利用となれば相当な金額になること想像して下さい。そうした意味では、この大坂でスタートするには関西国際空港利用客に狙いを定めることで、タクシー利用客におけるアルゴリズムを早期に確立できるものと思われます。

同社は、大阪をスタート地にしていますが、今後サービス地域を拡大して行くと言うことも発表しています。

第二弾では、大阪を中心に近畿一円の広い範囲でのサービス提供になると思われます。DiDiモビリティジャパンは、あくまでも配車サービスアプリですので陸運局によるタクシー営業の地域限定には抵触しません。

また、同社のサービスは、Alipay等の中国でメジャーな支払方法に対応する他、現金、各種クレジットカード、タクシー会社発行のタクシーチケットにも対応しているということです。当然ですが、アプリから決裁することもでき、客は配車サービスを利用する際に支払方法を選択することが出来るようになっています。

利用客、タクシー会社、配車サービス会社の3者の利便性がともに向上し、利益が出るようにしたいと考えています。また、サービスの開始を9月下旬に決めたのは、10月第1週目から始まる中国の「中秋節」で来日する中国人観光客をターゲットにしているとの事です。

配車アプリを導入するタクシー会社

このDiDiモビリティジャパンの配車アプリは、専用端末を同社から借り受けタクシー各社に配備して実行されます。

タクシー会社としては、「タクシー配車サービスは、マッチングをいかにスムーズに行うかが重要」としているように、AIによるアルゴリズムがあれば、現在実車率が50%を切る状況を克服できると期待しているようです。

さらに、タクシー会社としてはインバウンド需要だけでは無く、日本人客にもその輪を拡大し、利用者に理解を深めて欲しいというアピールも行っています。

そのため、10月限りですが、サービス開始に合わせて専用アプリをダウンロードすると合計2,500円のクーポンが貰えるキャンペンを展開しており、更に友人・知人を紹介することで、1,500円のクーポンが紹介者・被紹介者の両方にもらえるサービスが展開中です。

これは上限なしの10月末日締切で実施されていますので。

大阪にお住いの日本人の方々も是非アプリダウンロードしてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
広告代
広告代

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする