自民党総裁選 地方票とは!?党員になるには!?

今回の注目記事は、自民党総裁選の地方票って?党員になる方法です

自民党の代表を決める総裁選。その総裁を決めるのは国民投票ではなく、自民党に関係のある方たちの投票によって決められます。ではどんな方法なのでしょうか。

スポンサーリンク
広告代

総裁選に投票できる権利は?

総裁選は、自民党に所属している国会議員自民党の党員・党友組織の自由国民会議・国民政治協会の各会員の投票によって決められます。

ここに記している人全員ではなく、この中でも、

総裁選実施年の大晦日までに既定の年齢になっている日本国民

・会費を2年連続納めている

という条件に当てはまった党員や党友の方に投票の権利があります。インターネットを介して活動する自民党ネットサポーターズの会員には投票資格はありません。

地方票と議員票って何?総裁選の方法

投票は1人1票割り当てられる無記名投票です。国会議員は直接投票所へ投票に行きます。党員・党友の地方票は各都道府県連で定められた投票所で投票します。地方票の扱い方は各地方連に委ねられます。

議員票と地方票の扱いがここから変わってきます。議員票はそのまま1票としての扱いです。地方票は各都道府県連から集めた票をドント式というやり方で、議員票と同じ数になるように調整します。

議員票 400 A候補 18000 B候補 13000 C候補 8000
1で割る 18000      ① 13000          ② 8000           ④
2で割る 9000      ③ 6500          ⑤ 4000          ⑨
3で割る 6000          ⑥ 4333.3…      ⑧ 2666.6…       ⑬
4で割る 4500          ⑦ 3250          ⑪ 2000
5で割る 3600           ⑩ 2600          ⑭ 1600
6で割る 3000          ⑫ 2166.6… 1333.3…
7で割る 2571.42…     ⑮ 1857.14… 1142.85…
(以下同様)    …    …    …
400で割る 45 32.5 20

ドント式はまず、各候補者の票数を集計します。その票の数を1、2、3、4…と整数で割り算していきます。上記の表の場合、議員票数が400なので、400まで割り算を続けます。候補者が3人いて議員票が400の場合、割り算の値が1200個出てきますが、この中から値が大きい順に票を入れていきます。400票まで入れた時点で一番得票した人が地方票で一番多く票を集めた人です。

これに議員票を入れた合計の得票数が過半数以上の人が総裁になります。候補者が3人以上いて過半数以上の得票の人がいない場合は、上位の2人で決選投票を行います。決選投票は、議員票と各都道府県連から1票ずつを合わせた票数で決めます。決選投票でおおく票が入った人が晴れて総裁の座に就きます。

議員票で一番多く票が入った候補者でも、ドント式で計算された地方票の方が圧倒的に得票数が多ければその人が当選となるのが総裁選で取り入れている投票方法です。

例外もある?任期途中で総裁が欠けた場合の選挙

地方票をドント式で扱うのは、任期満了で総裁選が行われた場合です。そうでなく任期途中で総裁が辞任などの理由でかけてしまった場合は、地方票の数が変わってきます。

総裁が欠けた場合の選挙では、各都道府県連ごとに3表ずつが割り当てられます。国会議員の票と47都道府県が持つ141票の地方票によって決められます。任期途中ということもあり、この例限りではないこともあります。2012年の総裁選では、地方票141票に加え159票が選挙人によって各都道府県に分配されました。

党員になるには?

自民党の党員になるには、すでに党員となっている方の紹介が必要になります。もし周りにいない場合は、各都道府県の自民党支部に問い合わせるか、地元の自民党議員の事務所などに問い合わせると良いでしょう。

国会議員には党員獲得のノルマがあるという話もあるので、党員になりたいと言ってもらえるのは議員にとってはありがたいことかもしれません。自民党のwebサイトに記載されていたことを挙げます。

・自民党の綱領、主義、政策等に賛同できる方

・満18歳で日本国籍を有する方

・他の政党の党籍を持たない方

この3点に当てはまり、紹介党員がいれば申し込みができます。

党費は年間で一般党員4000円、家族党員が2000円です。家族で党員の方がいる場合は家族党員で申し込めます。党費を2万円納める特別党員もいます。

総裁選の時は一般党員と特別党員、家族党員の区別はありません。5倍の党費を払っているから5票持てるということはないです。

党友とは?総裁選での投票権を持つには?

党友とは、政党の支援団体に所属している会員のことです。こういった団体に入会してある程度の期間会費を納めていると、政党の代表選挙に投票できます。自民党には自由国民会議と国民政治協会という2つの団体があります。

自民党員になりたくても、何らかの理由で党員になれない場合、党友組織の自由国民会議の会員となって年会費の1万円以上を2年連続で納入していれば総裁選の投票資格が得られます。

自由国民会議に入会する特典は、2年連続で会費を納めると総裁選の投票権を持てるほか、日産レンタカーやオリックスレンタカーで、割引価格で利用できたり、東急ホテルや東急インがweb限定価格で利用できます。

それもできない場合は国民政治協会に1万円以上の献金をして会員となり2年以上資格を保有していると総裁選の投票ができます。党員になることはハードルが高いと感じる方は、こういった党友団体の会員になり支援する方もいます。

スポンサーリンク
広告代
広告代

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする