世界初通信機能付きIoTクレジットカードとは!?

「世界初通信機能付きIoTクレジットカードが発表されました」

さて、このタイトルを見て皆さんは、何をどのように想像したでしょうか?このPress Releaseが発表されて、はじめ私が思ったのは、ついにクレジットカードが携帯スマホのような機能を持つの?と言うことでした。

クレジットカードの薄さでスマホのような機能があれば、それこそ近未来の話になると考えてしまったわけです。

腕時計のようなウェアラブル端末が世間を騒がせましたが、財布に収納できる「カード型スマホ」なんてできたら・・・と思ってしまったわけです。

しかし、そこまで近未来を先取りしたものでは無く、クレジットカード自体にカード会社と通信を結ぶ機能を持たせて各種サービスを提供するというニュースだったわけです。では、実際この「世界初通信機能付きIoTクレジットカード」とはどのようなものなのかをご紹介したいと思います。

スポンサーリンク
広告代

「世界初通信機能付きIoTクレジットカード」とは

この発表では、米国企業であるDymamics社(ダイナミクス社:https://www.dynamicsinc.com/)が開発した通信機能付きのクレジットカードを「IoTクレジットカード:Wallet Card(ウォレットカード)」として、日本の携帯通信大手のソフトバンクと提携して2019年以降に日本国内で展開して行くことを協業で検討している予定と発表されました。

それでは、この「IoTクレジットカード」とはどのようなものなのかを現在考えられている内容でご紹介しましょう。

基本的に、Dynamics社の開発したクレジットカードには液晶の画面(カード自体の表面右下方向に簡単な表示画面が装備されている)があり、各種IoT機能が搭載されることになります。

(1)クレジットカードの個人情報漏えい時の対策の迅速化

クレジットカードがスキミング(個人情報等のデータを違法に読み取られてしまうこと)された場合等、カード情報が漏えいしたと考えられた場合に、銀行が口座番号を直ぐに変更できるようにし、その情報を逆にカードに反映させることが出来るようになる。

(2)カードの多機能化

現在、クレジットカード、プリペイドカード等は別々の仕組みや別々のカードで処理しなくてはならない所を、このカード1枚で複数の役割をカード上で切り替え使用できるようになります。

(3)空データのカードへ銀行からデータを送信

銀行などの金融機関がデータが入っていないカードを発行し、各利用者の登録によって銀行から該当カードへデータを送信し、利用可能とすることが出来るようになります。

(4)カード利用時の個人特定機能(防犯機能)

盗難にあったクレジットカード情報を基に、第三者がカード利用した時に、その時点でカード自体に表示機能があり、所有者の利用であるか否かをボタン操作で判断できる機能が搭載されることになります。

以上のように、(1)~(4)がメインの機能になります。この機能を持ったクレジットカードの通信部分をソフトバンクで提供できるように協業を目指しているとのことです。

また、このDynamics社は、現在アメリカのペンシルベニア州ピッツバーグに本拠を置き、このカードの開発を主力業としたITベンチャーです。

現段階での提携クレジットカード会社としては、マスターズ1社が同社ホームページには記載されていますが、今後利用が進むにつれて、他のメジャークレジットカード会社が追随してくる可能性が高いように思われます。

まとめ

Dynamics社の発表したWallet Cardのモデルを見ますと、カードの右下部分にカード面積の約4分の一弱の大きさの液晶パネルが組み込まれており、その下にタッチボタンが配され、そこで双方向の通信が出来るように設計されています。

液晶画面はスマホで見慣れた方々には物足りない作りで、昔の「たまごっち」で表示されていた画面のような印象を受けてしまいます。

また、カード自体にタッチボタンとは言え発信できるボタンが設定されていることは斬新性が高いのですが、ややこのボタン操作も玩具のような感じを受けてしまうのは私だけでしょうか。

クレジットカードと言う特性上、厚みに制限があることや重さも同様に重すぎると使われないということになるため、このような形状になったと想像します。クレジットカードなどにICチップが埋め込まれるようになって何年にもなりますが、双方向でIoTを実現できるクレジットカードとしては革新的だとは思います。

しかし、更に別アプローチの腕時計型端末などのウェアラブル端末の急速な発達や、近年欧米で利用数が増えてきた、ICチップの生体埋め込みによって「情報端末の携帯」と言う概念がなくなり始めているという事実から、この世界初のIoTクレジットカード、どこまでその利用を伸ばすことが出来るのかがキーになって来ると思います。

ただし、日本では、大手電気通信事業者であるソフトバンクが協業パートナーとしてバックにつくということも大きな戦力になる事だけは間違いないと思います。

一方、クレジットカード自体の必要性も問われて来ることも考えあわせなければならないと思います。

スマホ端末が多機能化の一途を辿っていることは、当然クレジットカード機能も兼ね備えることも一部は実現できていることも今後大きな変革の一つとして考えられ、そもそも「クレジットカード」自体が必要なのかと言うことになれば、この世界初の試みも消沈せざるを得ない状況になると思われます。

スポンサーリンク
広告代
広告代

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする