2020年携帯5G開始!「5G」と「4G」の違いとは!?

2020年に携帯5G通信が開始!今の4Gと5Gの違いとは!?

東京オリンピックイヤーの2020年に、携帯電話(スマホ)市場にも革新的な5Gが開始されます。

現在の4G通信とは異なり、相当性能が向上するとの事ですが、具体的にどのような性能が向上するのかをご紹介したいと思います。

恐らく、5G対応機種の開発が現在も各社で鎬を削り開発競争していることでしょう。4Gが時代遅れになる日も近いということになります。

スポンサーリンク
広告代

そもそも、4G、5Gというのはどういうこと?

一般的に定着た、現在の携帯電話で表示される4Gですが、その内容についてご存知の方はあまりいないと思います。

そこで、5Gの詳細の説明をする前にこの「G」についてお話をさせて頂きます。

この「G」は「Generation(世代)」ろいう言葉の略号です。

この世の中で、発展してきた通信システムの世代を示したもので「移動通信規格」とも言われるものです。

そこで、第一世代(1G)から今回話題の第五世代(5G)までを年代を含めて簡単にご紹介します。

年代は大まかな区分ですので正確に示したものではありません。

第1世代(1G) ~1990年代 アナログの時代で携帯電話が一般に普及する前の世代。

第2世代(2G)1990年代 通話機能のみの移動体通信の世代。

第3世代(3G)2000年代 メールやネット使用が可能になった世代で、LTEによるスマホが普及したこともあり、「3.9G」と呼ばれることもあります。

第4世代(4G)2010年代 スマホ・タブレットが移動通信として広く普及した世代(現代)

第5世代(5G)2020年代~ IoT(後述)が普通に普及し使用される世代

以上のように、世代ごとに携帯電話(移動通信)機能が飛躍的に発展してきた中で、第五番目の革新が訪れる時期に2020年代が当たります。

4Gと5Gの差異はどこにあるのか?

先の世代分類でもお示しした現在主流の4G通信ですが、5G通信とどこに差異があるのかを簡単にお示しします。

(1) 処理スピードが格段に実感できるほどに向上します。

通信速度が数十倍から百倍の単位で向上する見込みになっています。

実感できるスピードの向上とは、実際に4Gスマホで画像を20枚程度あるサイトに入った場合、全ての画像がスマホに読み込める時間が約5秒程度かかります。

しかし、5Gになればそのようなケースでは1秒未満になり、瞬時に取り込める実感が湧いてくることは間違いありません。

また、この事は動画再生に関しても同じです。

現在データ量が多い動画の場合、やや遅れ気味に寸断されるようなイメージですが、5Gの場合はそれも解消されスムーズな動画再生が実感できるようになります。

(2) データダウンロードがスムーズにどこでも行えるようになります。

今の4Gですと、回線が込み合った場合等、データダウンロードにかかる時間が急に遅くなってしまうようなことを経験されたことがあると思います。

多数の人が同時に通信する環境下では4Gの場合そういった支障がありました。

しかし5Gになれば、複数の周波数回線を準備することでそのような支障を置きにくくするということです。

(3)IoT対応になります。

既にお示ししましたように、第五世代である5Gの場合、IoTが普通に使用される世代としました。

このIoTとは、「Internet of Things」の略号で、インターネットを通じて何かの物理的動作を行わそうとする技術の事です。

既にパソコンやタブレット、高性能スマホ等でIoTに関連したアプリケーションが開発され現実味を帯びた技術になっています。

しかし、例えば身の回りにある家電製品、自動車、鍵関係など多種多様な物をスマホ1台でコントロールすることになると、今の4Gでは間に合わなくなります。そのために開発が急がれ、2020年に新世代として世に出て来るのが5Gとなるわけです。

よく間違われる携帯電話の示す表記

いつの間にかうかうかしていると、時代が進み新技術がふんだんに搭載された電子機器が安価に発売されている現代ですが、以前質問を受けた時に「WiFiの2Gと5Gはどう違いますか?」と言う質問を受けました。

一瞬当方も戸惑ってしまい、言葉に詰ってしまいました。

要するに、WiFiにおける2G、5Gで言う「G」は「GHz(ギガヘルツ)」という周波数の単位の略であり、このコラムで話題にしている「G:世代」のGとは全く異なりますので間違わないでください。

WiFiの2Gは2ギガヘルツ(正確には2.4ギガヘルツ)で、5ギガヘルツと言うものもありますが、周波数帯の異なりだけですので使用者にとってはあまり変わりはありません。

今後の移動体通信(携帯電話)市場の動向

以上に述べてきたように、移動体通信における通信技術は日進月歩で進んでいます。

技術のみ先行してしまっている感もありますが、当然基地局整備やグローバルでの連携なども視野に入れての開発になって来ています。

昔は、NTTドコモによるガラケーが旋風巻き起こしましたが、あくまでも国内限定であり、国際的には使用できなかったようなことは業界全体の発展に大きな阻害要因であったことは確かです。

しかし、現代においてはボーダレス社会(国境の無い社会)になっていることから、世界同時開発の機運がそのまま盛り上がっています。

日本でも端末機器販売と通信回線業者の分離が国会でも議論を呼んでいることから、ここで話題にしている5Gの発売される2020年には、携帯端末はソフトバンク、通信回線間au等と言うことも普通に出て来ることでしょう。

スポンサーリンク
広告代
広告代

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする