2020年羽田空港への新飛行ルート発表!?アメリカとの空域問題とは!?

今回の注目記事は、2020年羽田空港への新飛行ルート発表!?アメリカとの空域問題とは!?です。

いよいよ2020年も来年になり、東京オリンピックも実感として感じられるようになってきました。

競技会場建設、選手村建設などハード面での目新しい建物が次々と建てられています。

また、首都圏内での宿泊施設もホテルを中心に準備に大わらわの状態ですが、訪日外国人も政府目標4,000万人ということで大変な数に上ります。

島国である日本の場合、当然海外からの訪日客は空路を取らざるを得ないこともあり、国際線発着のメインとなる成田空港や羽田空港も増便の準備に備えており、政府や自治体の対応が始まっています。

成田空港は東京都心より距離があり、国際線が復活し新滑走路もできた成田空港が脚光を浴びています。

しかし、羽田空港はあまりにも都心に近すぎること、アメリカの横田基地があり飛行空域が限られていること、などから種々の規制がかかっているのが現状です。

このままでは、増便にも限界があり横田基地による制限空域を一部開放する必要に迫られています。

そこで、今回は、成田空港への発着を行う航空機の新飛行ルートやアメリカの制限空域に関して簡単にご紹介したいと思います。

スポンサーリンク
広告代

そもそも成田空港の飛行機の発着はどうしている?

慢性的に飛行混雑を来している羽田空港ですが、現在どのように離発着しているかをご存知の方は少ないのではないでしょうか?

「離陸、着陸と滑走路が一方通行路的に使用されているのでは?」とか、「その時々の管制官からの指示に従って、離陸や着陸を行っているのでは?」と言うようなご意見があると思います。

そこで、調べてみますと、羽田空港の場合、北風の場合と南風の場合で離発着するルートが変わります。

この事は世界の国々で運営されている空港で、大気の流れ(風)が時間により変わるような空港ではよくおこなわれている手法です。

したがって、パイロットや副操縦士は機内にいる為、空港近辺の風向きは全て空港管制塔からの指示により南から進入するのか、北に向いて離陸するのか等の指示を得て初めて離発着できる仕組みになっています。

成田空港近辺での空域制限の一部解除による影響は?

記述の通り、2020年東京オリンピックの為、訪日外国人が急増することが予測されています。

そのため、政府は現在空域制限されている米軍横田基地による制限空域の一部を解除するよう検討を始めています。

この案によれば、東京都民にとって最も影響を受ける可能性のあるコースは南風の時の着陸進入コースになります。

この案では、飛行機は埼玉県上空を飛行し、東京都新宿区、渋谷区上空に至ります。

その際の高度は概ね1,000メートルとなります。

更に進入が続き、品川や恵比寿に至った時には非常に低空になっています。

着陸時には現在羽田空港A滑走路もしくはC滑走路に着陸するという案になります。

更に、離陸時に問題となるルートとして、南風時の離陸コースとして「B滑走路から川崎方面」、北風時の離陸コースとして「C滑走路から荒川方面」がクローズアップされてきます。

このコースの利用に関しては、国際線のピークである午後3時~午後7時の時間制限を設けて実施するとの案になっています。

しかし、この案であれば、「東品川」や「大井町」付近の騒音予測は76~80デシベルが予測され、この騒音状況は走行中の地下鉄車内に相当します。

東京オリンピック開催前後の一時期だけの期間制限であれば、ある程度我慢は出来ると思いますが、これを契機に恒久的な飛行ルートやコースとなれば、地域住民にとっては大きな影響が予測されています。

過去から、地域住民や都心部分の安全性を考慮して、羽田空港では海側から着陸、海へ向かって離陸という原則が守られてきました。

これは、1970年代の高度成長期に周辺住民における騒音被害を軽減するため、国との取り決めにより決定された内容でした。

立案された内容がもし、年間を通じての飛行が慣例化してしまうと、年間約4割を占める南風時の午後、この騒音が4時間も続くことになってしまいます。

騒音のみならまだしも、飛行機自体からの落下物による被害リスクも出てきます。

まとめ

以上のように、過密する東京上空を飛行制限エリアの緩和によってより多くの輸送量を確保しようとする場合の影響をご紹介しました。

成田空港をもっと活用すればよいのですが、最近では成田空港における立地の悪さが再び注目されています。

一方、訪日外国人にすれば安く、便利に利用できる空港であれば問題ないことなのですが、羽田空港を国家戦略の一端を担わせることになっており東アジアのハブ空港化をも視野に入れていることから上手く事が運ぶとは考えられない現状です。

現在羽田空港では毎時間80回前後の離発着が行われていることから、制限空域を解除されることで更に離発着便が増加することは間違いないことで、輸送量(人数)は格段にアップすることは確実です。

しかし、大田区や品川区の上空に今にも落ちて来そうに見える巨大なジャンボジェット機が轟音をとどろかせて離発着することを考えると、もう少し良案を検討しても良いのかもしれません。

スポンサーリンク
広告代
広告代

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする