東京オートサロン2019とは!?30万以上来店するカスタマカーの祭典


今回注目記事は、東京オートサロン2019とは!?30万以上来店するカスタマカーの祭典です

2019年1月11日から13日の3日間にわたり、幕張メッセで行われた「東京オートサロン2019」について今回はご紹介したいと思います。

このオートサロンは、一般のお客様向けのカスタムカーイベントとして長い歴史を持っています。

今でこそ大手自動車メーカーが参画し、艶やかさを各社競っていますが、そもそも、日本におけるカスタムカー文化を一般世間に広めるために始めたものでした。

東京オートサロンのそもそもから、今年2019年に参加した主な自動車メーカーの動向までを簡単にご紹介したいと思います。

スポンサーリンク
広告代

そもそも、東京オートサロンの成り立ちは?

この自動車ショーの歴史は古く、今から30年以上前の1983年に「東京エキサイティングカーショー」として開催されたのが最初になります。

このショーは、当時カスタムカーファンに人気のあった「OPTION」という雑誌の初代編集長が発起人となり始めたものでした。

その後毎年開催され、第5回の1987年には、今の「東京サロン」という名称に変更されています。

開始当初は晴海会場であったのが、有明会場に変更になり、その後今の幕張メッセでの開催になっています。

初めの頃は、カスタムカーメインでのショーだったために、各種自動車パーツ会社が多く参加しているだけでした。

現在では、サロンの名称にふさわしく、レーシングカーの試走や、有名アーティストたちによるライブショー等が盛りこまれたりと、単に自動車ファンに特化した大会では無く、家族連れでも十分に楽しめるビッグイベントとして有名なって来ています。

今年2019年は37回目となりましたが、過去に無い最大規模のカスタムカーイベントとして、来場者が30万人以上にもなりました。

今では、毎年恒例にもなりました「日本レースクイーン大賞」のグランプリ発表も合わせて行われることで人気も上昇中です。

東京オートサロン2019の内容(日程・料金)

このイベントは、幕張メッセの国際展示場における11ホールを借り切って3日間行われました。

1月11日の初日は業界や報道関係者限定の招待日として、12日、13日が一般公開日になっていました。

チケットとしては、特別入場券が前売りで3千円、当日は3千5百円、一般入場券での前売りは2千円(大人のみ)、当日で2千5百円(大人)、中高校生は1千8百円になっています。

東京オートサロン2019に出展した主な自動車メーカーと概要

自動車メーカーとしてもこの東京オートサロンを一大イベントとして捉え、各社趣向を凝らして参加していました。

各々のメーカー毎にその内容をご紹介したいと思います。

日産自動車

日産自動車では、ゴーンショックまっただ中にあったわけですが、そのような雰囲気は無く、展示として「リーフe+」(イープラス)とスポーツブランドNISMOが同時に発表され目を引いていました。

前者の「リーフe+」は、現在街中を走行しているリーフの高性能版になりますが、今回の東京サロンでは実車の展示は残念ながらありませんでした。

また、その派手さで断トツの日産フォーミュラEカーが出展されていました。

また、全米テニス及び全豪テニスオープン優勝の大坂なおみ選手がブランドアンバサダーとなった、エクストレイルのコンセプトカーも人気がありました。

その他ではJUKE(ジューク)、SuperGTのGT500等もあり、大盛況になっていました。日産の経営層の問題など、どこ吹く風と言った感じで、相変わらず日産のパワーを感じることが出来ました。

トヨタ自動車

トヨタは、レクサスUXデリスタカスタムカーを展示していました。

すでに市販されているFスポーツの専用モデリスタカスタムになります。

これには、昨年11月に新発売された新型コンパクトSUV「UX」をベースにしたカスタムカーが出展されていました。

このモデリスタというのは、トヨタ専門のカスタムブランドでトヨタ車のカスタマイズを、どこもまでも追及する姿勢が面白さを増幅していました。

その他には、トヨタGR スープラ スーパーGTコンセプトが出展されていました。

マツダ

マツダでは、アクセラセダン(マツダ3)が展示されました。これは昨年2018年のアメリカロサンジェルスでのモーターショーで初お目見えしたものになります。

ダイハツ

ダイハツ は「コペン クーペ(200台限定販売モデル)」「コペン セロ スポーツプレミアムバージョン」が展示されていました。

三菱自動車

三菱はデリカD5の市販モデルのマイナーチェンジバージョンを出店しました。

スズキ自動車

スズキは、「ジムニーシエラ ピックアップ スタイル」を展示しました。

まとめ

今後自動車業界は全てにEV車が普及して行くことを考えると、内燃機関を有する自動車がクラシックカーとなることも考えられます。

一時、若者の車離れが話題になりましたが、まだまだ話題の豊富な業界です。

ここでは、その一端を覗ける「東京オートサロン2019」をご紹介しました。

スポンサーリンク
広告代
広告代

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする