厚生年金は短い年数でも総支払金額が多いと厚生年金は多く貰えるのか?

年金

厚生年金は短い年数でも総支払金額が多いと厚生年金は多く貰えるのか?

公的年金には3種類ある。

そのうちの1つが厚生年金です。

日本の公的年金は3種類あり、日本国民の20歳~60歳の人は「国民年金」又は「厚生年金」又は「共済年金」のどれかに加入する必要があります。

【国民年金】

20歳以上の学生や、会社に所属せずに自分で仕事を行う自営業や農業・漁業の人等が加入します。

【厚生年金】

民間の会社に勤めている人が加入します。

【共済年金】

公務員と呼ばれる人が加入します。

次に、ちょっとややこしい「老齢基礎年金」と「老齢厚生年金」について、考えてみましょう。

老齢基礎年金と老齢厚生年金の違いは??

将来、厚生年金をもらう為には、厚生年金に加入していたことは必須条件です。

今回の本タイトルは「厚生年金は短い年数でも、総支払金額が多いとその分厚生年金は多く貰えるのか?」ですが、その前に【老齢基礎年金】と【老齢厚生年金】について考えてみましょう。

公的年金(国民年金・厚生年金・共済年金のどれか)に一定の期間加入していた場合、60歳以上になると老齢基礎年金がもらえます。

更に、加入していた公的年金が厚生年金で、一定条件をクリアしていると、65歳になった時に老齢基礎年金に加えて「老齢厚生年金」がもらえます。老齢という言葉がついていますが、これがいわゆる「厚生年金」のことです。

~老齢厚生年金の支給条件~

■厚生年金に最低1ヵ月加入していた

※ただしこの条件に加えて、国民年金(又は共済年金)とあわせて25年分の公的年金を支給している必要があります。

■上記の25年分の支給期間の間に、カラ期間が無いこと

※ピッタリ25年分を納付していても、途中1回でも納付していない時期があるとアウトということです。もし60歳になり、このカラ期間の存在に気づいたとします。その場合、65歳までに期間分を国民年金に加入し納付すると、カラ期間は帳消しになります。

また、カラ期間ではなくとも、学生時代に国民年金を払っていなかった分も、同様に追加納付することが可能です。少しでも多く年金をもらいたいと考える人は、この時に追加納付を考えても良いでしょう。

スポンサーリンク

厚生年金に加入していた期間が短くても、支払い金額が多いとその分老齢厚生年金の支給は多くなるか?

いよいよ本題ですね!!

厚生年金に加入していた期間が短くても、その間の支払い金額が多いと、その分将来もらえる「老齢厚生年金」の額は多くなるのでしょうか??

例えば、下記①②の人の場合、どちらのケースが「老齢厚生年金」を多くもらえるのか?ということです。

  1. 毎月10,000円の厚生年金を25年間支払い続けた

(※カラ期間は無し。最低賃金がどうだかという話はここでは抜きでお願いします。)

↓↓厚生年金のトータル納付額

{10,000円×12ヵ月}×25=3,000,000円

  1. 国民年金を24年間払い続けた。残り1年は厚生年金に加入した。

この1年間は毎月300,000万円を厚生年金として納付した。

(※カラ期間は無し。ここでも最低賃金の話や、こんな人居ないという話は抜きでお願いします。)

↓↓厚生年金のトータル納付額

260,000円×12ヵ月=3,120,000円

この場合、②の人の方が厚生年金を多く払っています。

「老齢厚生年金」は②の人の方が多くもらえるのでしょうか??

実はこの場合でも、これだけでどちらの人が多くもらえるかを言及することはできないのです。

国民年金の場合であれば、加入期間の長さのみでもらえる額が変わるので、

同じ年数加入していれば、同じ金額がもらえて、加入年数が多ければその人の方が多く老齢年金をもらえるという話で終わります。

しかし厚生年金の受給額の場合は複雑で、下記3つの要素を考慮し決まるのです。

★平均給料

★加入期間

★乗率

アバウトに言うと、厚生年金受給額は

《平均給料×加入期間×乗率》

です。

【平均給料】

平均給料と言っても、毎月の給料の平均と賞与の平均で決まります。

つまり、平均給料は1年間の年収の平均ということになります。

そして、ここで出た平均給料を標準報酬月額で当てはめて計算し、更に再評価をする・・・という一般人にとってはなかなか理解・計算することが困難な作業が行われます。

ちなみに「標準報酬月額」は毎年変更があります。

~標準報酬月額とは?~

社会保険や年金などの数値を決めるための数値です。

基本的に4月・5月・6月の収入で決定します。この3ヵ月分の下記数値をもとに決定します。

★給与

★残業代、役職手当などの手当

★通勤手当

★現物支給の報酬

【加入期間】

厚生年金に最低1ヵ月加入している必要があります。

【乗率】

「本来水準」と「従前前保障」の2つの乗率があるのですが、どちらの乗率を使用するかは、その人により違います。一般人が見分けるのはなかなか困難です。

ということで

「厚生年金は短い年数でも総支払金額が多いと、その分厚生年金が多くもらえるか?」

に対しての答えは

「そうとは限らない。その人の状況と老齢基礎年金をもらう時の状況による」

です。

今年老齢年金をもらったとして比較計算はできても、

標準報酬月額の改定(毎年)や、乗率の選択により、実際に老齢年金をもらう時の額はその時にならないと正確な数値は分からないのです。

年金
スポンサーリンク
ご協力よろしくお願いします

この記事良かったと思ったら次の記事を書く励みになりますのでシェアよろしくお願いします。

sin5275をフォローする
関連記事



役に立つ 知識だよ。生活 雑学 情報

コメント

タイトルとURLをコピーしました