ラグビーワールドカップ2019日本大会の会場とキャンプ地とは?

ラグビーワールドカップ

今回注目の記事は、ラグビーワールドカップ2019日本大会の会場とキャンプ地とは?です

ラクビーワールドカップ2019日本大会開催

今回は、来年2019年9月20日に開催する「ラクビーワールドカップ2019日本大会」について、会場やキャンプ地などの情報を交えてご紹介します。

ラクビーワールドカップ2019日本大会キャンプ地について

日本大会における公認チームキャンプ地は、公益財団法人ラクビーワールドカップ2019組織委員会により確保されています。候補地としては、76件90自治体から立候補を受け付けたということです。その中から、52件59自治体が公認チームキャンプ地として決定しました。件数よりも自治体数が多くなっているのは県と市等自治体が合同で1件の候補地を推しているためです。以下に地域別にご紹介します。

北海道東北地域

この地域では、北海道(江別市、札幌市、網走市)、岩手県(釜石市、宮古市、盛岡市、北上市)、山形県(山形市、天童市)、福島県(福島県)となっており、最後の「福島県」は全県での決定を受けています。また、組織委員会とワールドラクビーとの協議により試合会場周辺に追加確保した会場キャンプ地として札幌市、釜石市、宮古市が含まれています。

関東・東海地域

この地域では、千葉県(市原市、浦和市)、東京都(武蔵野市、府中市、町田市)、神奈川県(横浜市、海老名市)、山梨県(富士吉田市、富士河口湖町)、静岡県(静岡市、浜松市、掛川市、磐田市、御前崎市)、愛知県(名古屋市、一宮市、豊田市)となっています。この中で追加確保された会場キャンプ地として埼玉県熊谷市、東京都が含まれます。

近畿中国地域

この地域では、滋賀県(大津市)、大阪府(東大阪市、堺市)、兵庫県(神戸市、淡路市)、和歌山県(上富田町)、山口県(長門市)となっています。この中で追加確保された会場キャンプ地として大阪府東大阪市、兵庫県神戸市が含まれます。

九州沖縄地域

この地域では、福岡県(福岡市、北九州市、春日市)、長崎県(長崎市、島原市)、熊本県(熊本市)、大分県(別府市、大分市)、宮崎県(宮崎市)、沖縄県(読谷村)となっています。この中で追加確保された会場キャンプ地として福岡県福岡市、熊本県熊本市、大分県別府市が含まれます。

以上のように全国各地の会場キャンプ地が公認チームキャンプ地として決定されています。

ここでご紹介した、「公認チームキャンプ地」の条件は、試合会場まで30分以内にホテルや練習場があるということ。

更に、「室内練習場の規模などの基準を満たした場所」となっており、ワールドラグビー、組織委員会、出場チームによる視察を経て決定されました。

国別キャンプ地

開催地域別にお示ししましたが、気になるのがどのチームがどのキャンプ地に滞在するのかと言うことでしょう。

ワールドラクビー日本大会ではA~Dの4つの区分(「プール」と言う言い方をします)に分けて、まずプール内で決勝トーナメント出場チームを決定し、決勝トーナメントで優勝を決定する方式で戦います。

そこで、各プールに含まれる国々をご紹介し、参加各国のキャンプ地をご紹介します。

以下にご紹介するキャンプ地は、公式のものと各チームが独自に設定しているものを交えていますのでご注意ください。

プールAには

「アイルランド」(市原市、横浜市、掛川市、磐田市、神戸市、春日市 )

「スコットランド」(東京都A、横浜市、浜松市、神戸市、長崎市)

「日本」(東京都B、東京都C、浜松市 )

「ロシア」(さいたま市、熊谷市、武蔵野市、海老名市、掛川市、磐田市、淡路市)

「サモア」(山形市、天童市、熊谷市B、名古屋市、淡路市、福岡市 )

がキャンプ地として使用されます。

プールBには

「ニュージーランド」(浦安市、東京都C、一宮市、別府市)

「南アフリカ共和国」(浦安市、御前崎市、一宮市、神戸市 )

「イタリア」(静岡市、豊田市、堺市、福岡市)

「ナミビア」(宮古市、盛岡市、町田市、豊田市、東大阪市、和歌山県上富田町 )

がキャンプ地として使用されます。

このグループBには、敗者復活戦用のキャンプ地として(釜石市、神戸市、長門市、春日市、別府市)が設定されています。

プールCには

「イングランド」(札幌市A、府中市、東京都C、神戸市、宮崎市)

「フランス」(府中市、東京都A、富士吉田市、富士河口湖町、熊本市)

「アルゼンチン」(福島県、熊谷市A、東京都B、東大阪市)

「アメリカ」(熊谷市、堺市、福岡市、読谷村)

「トンガ」(札幌市B、熊谷市B、東大阪市、堺市、島原市、熊本市B)

がキャンプ地として使用されます。

プールDには

「オーストラリア」(江別市、浦安市、東京都C、掛川市、磐田市、別府市)

「ウェールズ」(東京都B、豊田市、大津市、北九州市、熊本市A、別府市)

「ジョージア」(熊谷市B、御前崎市、名古屋市、堺市)

「フィジー」(札幌市C、網走市、宮古市、大津市、東大阪市、大分市)

「ウルグアイ」(釜石市、北上市、熊谷市A、熊本市B、大分市)

がキャンプ地として使用されます。

以上のようにラグビーワールドカップ2019に参加する各国は、公式、非公式を含めて日本全国でキャンプを行う予定ですので皆さんも是非興味があれば応援に出かけるのも良いかもしれません。

なお、日本代表チームのキャンプ地は、「秩父宮ラグビー場」を含め都内2ヶ所と浜松市になります。

また、注目の3連覇を狙うニュージーランド代表は浦安市、東京、愛知県一宮市、大分県別府市にキャンプします。

名監督エディーが率いるイングランド代表は札幌市、府中市、神戸市、宮崎市にてキャンプを行う予定になっています

コメント

タイトルとURLをコピーしました