国連分担金ついに中国が2位!日本が3位に!?予想される影響とは!?

中国

今回の注目記事は、国連分担金ついに中国が2位!日本が3位に!?予想される影響とは!?です。

 

2018年12月14日に、国際連合(以下、「国連」)における全運営資金の各国別分担金比率が発表されました。

日本は、長年にわたり国連における分担金比率の高さではアメリカ合衆国に次ぐ第二位の位置にありました。

国連を運営するための資金については、参加各国が費用分担するのですが、この負担割合の事を「分担率」と言います。

この分担率は、3年毎に改訂されることが約束されており、今回の分担率は2019年~2021年の期間における比率を示したものになります。

ちなみに、前期(2016年~2018年)の3年間における分担率の高さベスト10を下表にまとめました。

国連は、現在その職員数だけで5万人弱にも上り、こうした職員の人件費も大きな負担として上げられています。

 

分担率ベスト10

 

以上の2016年~2018年の3年間における分担金比率をみても、国連本部のあるアメリカの分担金が最も大きく、比率も桁違いに多額になっています。

この分担金には、国連が直接運営する事務局のニューヨーク、ジュネーブ、ナイロビ、ウィーン等の各都市事務所の運営費用も含まれています。

また、国際紛争の際に派遣される平和維持活動軍の派遣費用や運営費用等もこの予算から支出されています。

ベスト10を見ますと、ほぼ先進国が名を連ねていることから、中国も先進国と言って良い時代になりました。

日本の国連分担金比率の3位下落について

日本の2019年から2021年の3ヵ年における分担金比率が、中国に抜かれ3位になることの詳細についてもう少し詳しくご紹介したいと思います。

この分担金比率は、各国の「経済力」や「支払い能力」を勘案し、国民総所得額(GNI:Gross National Income)の各国間の比較等をとった客観指標を参考にしながら国連の分担金委員会にて決定されます。

すなわち、中国の経済大国ぶりが顕著に表れているということを示すようになりました。

この分担比率の概要では、中国の分担率が12.01%となり、日本の分担率は、8%台になっています。

日本は、第二次世界大戦後、世界に伍するポジションを得ようと、国連への貢献度を強めるとともに、国内における高度成長期と相まって、1983年には分担率が10%を初めて超え、2000年には我が国としては初めて分担率20.57%となりました。

これを境に、徐々に低下傾向にあったことは否めない事実ですが、アメリカに次ぐ第二位の地位は揺るぎなかったのが現状です。

国連での発言権と言う部分では、日本の発言力が低下したという論評も見られますが、逆に中国の発言力が増大したという見方の方が正鵠を射ていると思われます。

 

スポンサーリンク

分担金額、分担率最大のアメリカの事情

アメリカの22%の分担率は長く同率で現トランプ政権においては、この桁違いの分担率の大きさに関してその低減を強く訴えています。

しかし、アメリカにおいては、名目上も実質上も分担率が22%と高く当然分担金額も高額になっていますが、実際に支払を行っていない部分も大きく、少し古い集計データで、2012年10月5日現在のものでは、アメリカの滞納額は7億4,400万ドルにも上っていました。

このことは、あまり報道されていませんが、保護主義傾向を強めるアメリカ合衆国にとって、もはや国連における各国協調路線、自由貿易推進路線とは一線を画する方針がある事から、国連でのリーダーシップを必要以上に求めなくなっている現状があります。

国際紛争に応える国連の役割

国連での大きな役割の一つとして上げられる、平和維持活動(PKO)ですが、この活動自体における「海外派兵問題」等も含めて日本国内法との問題で、各方面での板挟みの状態が散見されていました。

しかし、上にお示ししましたように、国連内での発言力の低下とともに、そうした軋轢も低くなってくるかもしれない可能性もあります。

国連軍と国内自衛隊の派遣問題等も徐々に解消する方向にあると言うことが出来そうです。

 

まとめ

国連運営費に関する分担金比率順位で、長らく第二位であった日本が第三位になり、変わって中国が第二位になりました。

しかし、この順位の変動によりただちに何かの変化があると言うことはなく、自国における経済活動を反映したものとみれば、当然と言えば当然の結果だということが出来ます。

反面、国際的な発言力と言う意味合いでは、国連がその一端を担っている部分が多く、その意味ではやや劣勢傾向になったと言う事が言えるでしょう。

中国政治雑学日本
スポンサーリンク
ご協力よろしくお願いします

この記事良かったと思ったら次の記事を書く励みになりますのでシェアよろしくお願いします。

sin5275をフォローする
役に立つ 知識だよ。生活 雑学 情報

コメント

タイトルとURLをコピーしました