アベノミックス新旧3本の矢とは!?

政治雑学

アベノミクスにおける新旧3本の矢とは

消費税10%の「政府経済対策の9項目」とは!?
今回注目の記事は、消費税10%の政府経済対策の9項目とは!?です 消費税10%化に向けた経済対策について 消費税が我が国に導入されて30年になる2018年、翌2019年10月には、消費税率が現在の8%から10%に...

長期政権が続く安倍内閣ですが、第二次安倍政権が発足したのは2012年12月でした。

その時期に発表されたのが今となっては、「旧三本の矢」と呼ばれるようになった政策でした。

それに次いで、安倍首相が提唱しましたように、第二ステージへの移行を計るために発表された「新三本の矢」が公表されたわけです。

この時が、2015年9月のことでした。

長期政権である安倍政権の歴史を辿るには、この大きな流れの変遷を見ていくことで、2019年の現在がどうなっているのかを見てみることも大切です。

そのことが、この先に予定されている政権選択の一助となるかもしれません。

日本の国民性として、昔のことはすぐ忘れる癖があります。

今さえ良い流れであれば全面的にそれを支援すると言う風潮が後を絶ちません。

ここで、一度同じ政権(同じ首相)の下で国が動いてきた内容を見ておくことも必要ではないでしょうか。

スポンサーリンク

旧三本の矢とは

2012年12月に発足した安倍政権が打ち出した方針で、「大胆な金融緩和」、「機動的な財政政策」、「民間投資を喚起する成長戦略」の三つの項目からなる政策でした。

「大胆な金融緩和」とは、金融市場の資金供給量が需要を上回り、資金調達がしやすい状況にすることになります。

つまり、銀行の金利を低くすること。

国全体のお金の量を増やすこと。

最後に銀行が貸し出せる量を増やすことが上げられます。

「機動的な財政政策」とは金融緩和するだけで日本経済が発展するわけではありませんでした。

しかし当時は、金融緩和によって、国が公共事業に資金を投下することで、各種日本経済を支える建設会社が儲かるようになり、雇用が創出され更には給与アップする。

そして、消費が拡大し景気回復に繋がると夢のような計画でした。

三本目の矢の「民間投資を喚起する成長戦略」は、民間投資の促進、世界経済とのさらなる結合(グローバル化)、人材の活躍強化、新たな市場の創出という4つの項目から構成されておりやや複雑な解釈が必要なものでした。

新三本の矢とは

2015年9月に発表された第三次安倍内閣の終盤に発表された内容で、「アベノミクスは第2ステージに入った」として、アベノミクスとして新たな「三本の矢」が発表された内容になります。

つまり「希望を生み出す強い経済」、「夢を紡ぐ子育て支援」、「安心につながる社会保障」という三つの項目になりました。

「希望を生み出す強い経済」とは、デフレから脱却し、生産と消費の好循環を発生させることで、経済そのものが活性化することを指します。

この時の目標には戦後最大の名目GDPを600兆円にするということを目指しました。

「夢を紡ぐ子育て支援」とは、簡単に言えば希望出生率を1.8にすると言うことです。最後の矢である「安心につながる社会保障」とは、介護離職者数をゼロにすること。

多様な介護基盤の整備と介護休業等を取得しやすい職場環境整備に努めること。

更に、「生涯現役社会」の構築等が上げられています。

スポンサーリンク

新旧の三本の矢の比較

以上にお示ししましたように、

新旧三本の矢を単純化して見ると非常に良く分かると思います。

旧三本の矢は経済・財政問題を集中的に、新三本の矢は経済社会と福祉・社会保障がメインテーマになっています。

テーマだけを見ても3年で様変わりしたと言わざるを得ません。

しかし、旧三本の矢が全く無くなったわけではなく、持続可能な政策はそのまま継続しています。

新三本の矢では、当時の社会情勢・風潮を感じ取った上での発表になっていると感じます。

しかし、この新旧の三本の矢について多くの評論家や専門家が異口同音に言っていることは、「旧三本の矢が総括されていない。」などの結果検証されていないとの声です。

国家を上げての経済政策に挑んだ旧の三本の矢でどうなったのか?

引き続く日銀の超低金利政策はいつまで続けるのか?等私たち一般の人間にとっても分からないことがそのままになっているにも関わらず、2015年当時に発表された新三本の矢が実施されている感が否めません。

新三本の矢が目指すもの

ここで、今の私たちの生活に直結しそうな新三本の矢ですが、その新三本の矢が目標とした2020年が来年に迫った今、本当にそれらが実現できるのかということになっています。

旧三本の矢に関する総括もなく、新三本の矢はイメージ先行で具体策が細かすぎると言う難点を指摘する声も大きくなっています。

普天間(辺野古)問題、統計疑惑等に揺れる国会を見ていると、どうしてもこうした基本的な課題を克服していないような感じがするのは私だけでしょうか。

また、その時その時の世界経済に右往左往する日本経済ですから、民間で自然に経済情勢が上げ潮になるのを待っているだけという識者の声も聞かれます。

まとめ

「三本の矢」という一種のスローガン、それに基づく経済政策や社会政策が上手く行っているのかいないのかという答えの出しにくい問題が今や普通になって来ています。

極端に悪化はしないけれど飛躍的な向上も期待できないと言う現状をどう見るかが大きな問題です。

長期安定政権の弊害が出始めていると言うこともありますが、やはり、将来子供たちの未来のために基本政策の遂行をお願いしたいものです。

政治雑学
スポンサーリンク
ご協力よろしくお願いします

この記事良かったと思ったら次の記事を書く励みになりますのでシェアよろしくお願いします。

sin5275をフォローする
役に立つ 知識だよ。生活 雑学 情報

コメント

タイトルとURLをコピーしました