観劇マナー開演前後、開演中は当たり前の事を守る事が重要!!

観劇
スポンサーリンク

観劇マナー開演前後、開演中は当たり前の事を守る事が重要!!

観劇マナー~開演前後

当たり前のことを守る

観劇のマナーなどということをお話してしまうと、それだけで敷居が高いと感じてしまう人がいそうなので、あまり気が進まないのですが、観劇のマナーというものはそれほど特殊で難しいことはありません。

人としての常識さえ備わっていれば、誰でも自然にできることばかりです。

とは言っても、マナーが守れていない人というのは必ずいます。

劇場でも必ずそのような人を見かけます。

お芝居を観に来た人たちだけでなく、役者さんやスタッフさんなど、皆が気持ちよく限られた時間を過ごせるように、ひとりひとりの配慮と心遣いが大切です。

飲食禁止

劇場内は飲食禁止です。

ロビーなどでは一部可という劇場もありますが、座席に着いたら口に食べ物や飲み物を運んではいけません。

映画館ではコーラを飲みながらポップコーンなどを食べたりできますが、劇場は禁止されています。

音の出るものは電源を切る
主に携帯電話です。

マナーモードでも振動する場合などは電源を切るようにしましょう。

他にも時計のアラームなど、忘れてしまいがちですが、お芝居が始まるとそれらの些細な音でも非常に響きますので、音が出ないようにしましょう。

撮影禁止

携帯電話に関係して、最近、携帯のカメラで舞台上のセットを撮影している人を見かけます。

細部にまで凝ったセットを自分のカメラに収めておきたい!

という気持ちはわかりますが、そのような行為は劇場で禁止されています。

ひとりが撮影を始めると周りの人も連鎖的に撮影し出してしまうので、大人になって我慢しましょう。

観劇とは?敷居が高いと感じる理由とは?
観劇は敷居が高い?お芝居を観にいったことはありますか?劇場に足を運んで、舞台の上で繰り広げられる世界を観たこと、ありますか?テレビ番組のドラマや映画館で観る映画とはまた違った魅力が、観劇にはたくさん詰まっています。とは言っても...

内容を話さない

リピーターに多いのですが、席についてお芝居のネタばらしを始める人がいます。

それを聞いている友人はいいのかもしれませんが、周囲に着席している他のお客さんのほとんどはそのような行為を嫌います。

その日初めてそのお芝居を観る人の気持ちになって会話をしましょう。

楽しみにしてきたのに、いきなり隣から、結末はこうなる!的な会話が聞こえてきたらそれだけでテンションが下がります。

どうしてもネタばらしになる会話をしたいのであれば、劇場に来る前に喫茶店にでも寄って、思う存分話してから来るようにしましょう。

フライヤーは持ち帰る

受付でもらったフライヤー。

トイレや座席の下などに置いて帰るのはやめましょう。

一緒に折り込まれているアンケートなども、可能な限り記入して提出しましょう。

強制ではありませんが、名前や住所などを記入しておくと、後日DMで公演の案内などが届くようになります。

中にはDM先行のチケット販売もあったりしますから見逃せませんよ。

観劇の劇場に着いたらチラシを大事にしないといけない理由とは?
観劇 劇場に到着したらチラシを大切にしよう!余裕を持って家を出よう!待ちに待った観劇当日。初めての劇場に行く場合は、少し早めに到着しておくことをお勧めします。とは言っても、何時間も前に行く必要はないですよ。開演30分前からだい...

出待ちは外で

贔屓にしている役者さんを待つファンの人たちがいます。

悪いことではありませんので、特に禁止はされていないはずです。

しかし、劇場内にいつまでも留まっていると片付けなどの関係でスタッフたちの迷惑になります。

ですので、出待ちをしようと考えている場合には、劇場の外で待つようにしましょう。

出待ちをして、役者さんに絶対会えるかということに関しては、時と場合にもよりますし、わたし自身経験がないのでわかりませんが。

スポンサーリンク

観劇マナー~開演中

開演中のマナーも、普通に常識をわきまえている人であれば特に気にかけることもなく自然に行えているものばかりです。

そのため、わざわざお話するまでもないのですが、確認の意味を込めて挙げてみたいと思います。

席をたつとき

観劇前にトイレに行っていても、どうしてもトイレに行きたくなってしまったり、都合により劇場外へ出なければいけないようなこともあるかと思います。

もしそのような状況になってしまったら、お芝居を中断させてしまうことがないように、タイミングを見て席を立つようにしましょう。

クライマックスや見せ場で席を立つのは控えた方がいいかもしれません。

観劇に集中する

余計なお世話かもしれませんが、観劇をしに来ているのですから、数時間の間は舞台上に集中しましょう。

というのも、メモを取りながらお芝居を観たり、撮影、録音などをしている人というのが極たまにいます。

筆を走らせる音や、機械の動く音などのせいで周囲のお客さんが集中することができないだけでなく、そのような行為は禁止されているのでやめましょう。

私語は慎む

コメディや笑いを誘う場所などでは思いっきり笑いましょう。

しかし、観劇中に、次はこうなる、だとか、役者がとったボケにツコミを入れる、だとかそういう行為は控えた方がいいかと思います。

観劇の仕方は人それぞれなので、やめてください!

とはなかなか言えませんが、そのようなを迷惑に思う人もいることを知っておいて欲しいとは思います。

後ろの席のことを考えて

わたしはそれほど感じたことがないのですが、観劇友だちと話していたときに何気に多く出てくる苦情として、帽子や頭のてっぺんでお団子にしている髪形のおかげで、舞台上が見えないというものです。

劇場や座席の位置によっては、段差などがなく非常に観難い場合もあるため、そのような些細なことが気になってしまうのかもしれません。

お芝居を観るときは、舞台のある前にばかり気が集中してしまいますが、後方への気配りも持つことができるといいですね。

わたしも気をつけたいと思いました。

贈り物は受付で

過去、一度ほど目撃したことがあるのですが、カーテンコール後のトークタイムにお客さんが舞台上にいる役者さんにプレゼントらしきものを渡している現場に遭遇したことがありました。

熱狂的だなあ、とわたしは思ったのですが、そのときの役者さんの反応はとても困っていたように思います。

贈り物を渡したいという人は、受付でスタッフにその旨を話し、預かってもらうようにしましょう。

公演後にスタッフが役者さんへちゃんと渡してくれます。

観劇
スポンサーリンク
ご協力よろしくお願いします

この記事良かったと思ったら次の記事を書く励みになりますのでシェアよろしくお願いします。

sin5275をフォローする
役に立つ 知識だよ。生活 雑学 情報

コメント

タイトルとURLをコピーしました