数年前に買った古い一眼レフカメラ今でも現役で使えます

一眼レフカメラ
スポンサーリンク

数年前に買った一眼レフカメラ、今でも使えますよ!

新しい趣味をはじめよう!

と、ちょっと張り切った買った一眼レフカメラ。

子供が生まれたときに。子供が小学校に入学したときに。

その成長の軌跡を残そうと、ちょっと頑張って買った一眼レフカメラ。

持て余していませんか?

大きくて黒くて、かわいくなくて、持ち歩くのが大変だし。

いつも一緒にいあるスマートフォンでもそこそこの写真撮れるし。

かっこいい写真の取り方なんてわかんないし。

……そもそも使い方がわかんないし。

フィルム時代の一眼レフと違って、デジタル一眼レフカメラは、シャッターさえ押せば、とりあえず、写真、撮れます。

写っていて当たり前。

難しいことなんて(やろうと思えばできるけど)いらないんです。

せっかくだから、簡単な使い方、覚えましょう!

眠らせておくのはもったいないですよー。

機種が古い?

買ってから何年もたっている?

いやいや、大丈夫。

ここ6年くらいの間に発売された機種ならば今発売中の機種並に、写真、ちゃんと撮れます!あればいいスペックは…

  • 600万画素(A4より大きなプリントにするなら1000万画素)。
  • 1秒間に最大3枚、シャッター切れるくらいの連写性能。

つまり、ニコンD40やキヤノンEOS kissX3くらいのモデルなら、今でも十分使えるんです。

バッテリーを充電して、レンズをつけて、メモリーカードを入れて、電源を入れたら、準備オッケー。

あ、今なんか撮りたいなって思ったら、カメラを構えて、シャッター押すだけ。

ほら、撮れた!

でも、もっとかっこいい、素敵な写真を撮りたいんですよね?

かわいい我が子をもっとかわいく撮りたいんですよね?

それができなくて、カメラ、なんとなく触らなくなっちゃったんですよね?

まずは、たくさん写真を撮ることから始めましょう!

シャッターを切った数だけ、写真は上手になります。

お子さんを撮るのなら、今すぐ連写モードに設定してみて!

一瞬のうちに変わる子どものいろんな表情を切り取れます。

じっくり構えて写真を撮りたいなら、オートを卒業して、シーンモードを使ってみては?

いろんなシーンモードを使ううちに、ちょっと合わないモードでも色がキレイに出すモードがわかってきたりして、楽しめちゃいます。

スポンサーリンク

オート撮影でも、一眼のほうがキレイに撮れるその理由

一眼レフカメラの左肩にあるの丸いダイヤルにプリントされた緑色のカメラマークが、オードモードになります。

ここに設定しておくと、全てをカメラ任せで撮影できるので、失敗なく撮れます。

オート撮影のとき、自分でしなくちゃいけないのは、アングルを決めたり、ズームレンズのズームリング(ゴムで覆われた、ぐるりと回すところのことをこう呼びます)を回して撮りたい範囲を決めて、シャッターを押すだけ。

つまり、コンパクトカメラのオートモードで撮るときと操作に何ら変わりがないので、誰でも簡単に写真が撮れるんです。

じゃ、コンパクトカメラでいいじゃない!

というご意見、ごもっともです。

でも、コンパクトカメラと一眼レフカメラとでは、いくつかの大きな違いがあるんです。

そして、その違いが、画質に大きな違いを生み出しています。

一眼レフカメラは、液晶見ながら撮っちゃいけないの?
一眼レフカメラ基礎 液晶見ながら、撮っちゃいけないの?ファインダーを使うことのメリットは?同じカメラでも、液晶を見ながらの撮影時と、ファインダーを覗きながらの撮影時では、ピント合わせの方式が異なる一眼レフカメラ。ファインダーを覗い...

センサーサイズが全然違う!

フィルムカメラを使ったことのある方ならご存知かと思いますが、昔、フィルムを使って撮影していたときは、コンパクトカメラでも、一眼レフカメラでも、同じサイズ、同じ規格のフィルムを使っていたので、カメラを通して撮りたいもの、撮りたい瞬間を受け止める受け皿の大きさ(フィルム1コマの面積)は同じでした。

ところが、実は、デジタルになって、機種ごとに受け皿の大きさ(センターの面積)を変えることができるようになってしまったんです!

一般的なコンパクトカメラのセンサーサイズは、簡単に言うと、大人の手の小指の爪の半分くらい。

ところが、いわゆるエントリーモデルの一眼レフのセンサーサイズはAPS-Cサイズと言って、メーカーにより大きさに少し違いがありますが、縦13.8〜15.7mm、横20.7〜23.7mm。どうです?

だいぶ大きさに違いがありますよね。

ちなみに、コンデジと同じセンサーサイズのスマートフォンもありますが、一般的に、スマホのカメラのセンサーは、コンデジよりも小さいので、プリントするとちょっと……な仕上がりになることが多いようです。

さて、本題です。

一眼レフカメラのオートモードとシーンモードどう違うの?
一眼レフカメラのオートモードとシーンモード、どう違うの?緑のカメラマークのオートモードは、すべてカメラ任せ。つまり、カメラが「この光の量なら、この設定で、たいていの場面はキレイに撮れるよね」と設定してくれるモードのことです。オート...

センサーの大きさが異なると、どんなメリットがあるでしょうか。

  • プリントしたときの拡大率が違う!

L版でもA4でも、プリントするときには小さなセンサーが受け取った画像から引き延ばしをします。

そのときの拡大率は一眼のほうが低いので、よりキレイにプリントができる!

  • 同じ画素数なら、センサーが大きいほうが、きれいに撮れる!

1枚のプレートにいろんな料理が乗っていて、見た目にもかわいらしいカフェのごはん。

小さなお皿より、大きなお皿のほうが、より品数多くお料理が載りますよね?

それと同じように、面積が広いと、よりたくさんの「光の情報」を受け取ることができるんです!

たとえば……森の中で、緑がいっぱいの景色を撮りました。

その緑にはいろーんな色の緑があります。

その緑の色を数多く表現しやすいのが、一眼なんです。

キラキラと光る新緑、朝露にしっとりと濡れた緑、霧に煙る気怠く少しミルキーな色の緑。

そのなかにあるちょっとした緑の違いを写し取るなら、コンパクトカメラよりも一眼レフカメラのほうが得意、なんです。

(面積が広い、と書きましたが、正確にいうと、画素ピッチが大きい、といいます。

1つの画素の中心からその隣にある画素の中心までの距離のことを画素ピッチといい、大きければ大きいほど、色の再現性などが豊かになり、高感度特性がよくなるため、ISO感度を上げてもノイズが出づらくなります。

とはいえ、最近では、画像処理エンジンの進化により、高画素でもノイズが出づらくなってきています)

さまざまなメリットがありますが、オートで何にも考えずに撮っても画質がいいのは、やっぱり一眼レフカメラ。

センサーサイズの違いによる恩恵は、とても大きいんです!

一眼レフカメラ
スポンサーリンク
ご協力よろしくお願いします

この記事良かったと思ったら次の記事を書く励みになりますのでシェアよろしくお願いします。

sin5275をフォローする
関連記事



役に立つ 知識だよ。生活 雑学 情報

コメント

タイトルとURLをコピーしました