一眼レフカメラの「色空間」て設定なに?

一眼レフカメラ

一眼レフカメラ基礎 カメラの設定にある「色空間」て?

保存形式のほかにも、カメラの撮影メニューで設定できる項目に、ナゾの言葉がいくつもあります。

そのうちの1つが「色空間」。

一眼レフカメラの写真記録形式の使い方とは?
一眼レフカメラ基礎 写真の保存形式はどうしてる?デジタル一眼レフカメラで撮った写真は、SDカードやコンパクトフラッシュといったメモリーカードに保存されます。そのときの「記録方式」、気にしたことがありますか?ほとんどのコンパクトカ...

sRGBとAdobeRGBとありますが、一体どんな違いがあるのでしょうか。

まず、色空間という言葉について説明しましょう。

デジタルカメラやPCのモニター、プリンターなどにはそれぞれ色を再現できる範囲が異なります。

その再現できる範囲のことを、色空間といいます。

その色空間は、主に、sRGBとAdobeRGBの2種類が利用されています。

sRGBは、主に、パソコンのモニターで再現できる色空間に合わせた国際規格。

多くのデジカメやパソコンのモニターで採用されています。

一眼レフカメラを購入して、一番最初に色空間の確認をすると、sRGBに設定されていることがほとんど。

それだけ一般的な規格だと考えていいでしょう。

ではAdobeRGBとの違いはどこにあるのでしょうか。

AdobeRGBは、sRGBよりも広い色の領域をカバーしています。

スポンサーリンク

一眼レフカメラ基礎 カメラの設定にある「色空間」て?

人間の目で見えている色よりも狭いとはいえ、sRGBよりも幅広い色をカバーしているので、多彩で色鮮やかな再現ができるといえるでしょう。

とはいえ、お持ちのパソコンのモニターがAdobeRGBの色の再現領域に対応していなければ、一眼レフカメラの設定をAdobeRGBに設定しても全く意味がありません。

だって、再現していても、モニターにその色の再現力がなければ見えませんから。

AdobeRGBを使って撮影するのであるならば、まず、パソコンの環境を見直すことが先決です。

また、画像処理を厳密に実施するのなら、モニターのカラーキャリブレーションを実施する必要があります。

モニターには個体差があるうえ、使っていくうちに、色温度も輝度も変化していきます。

ですので、使用するモニターのプロファイルを作成し、色が正確に再現できるよう調整しなくてはいけません。

これをキャリブレーションと言います。

キャリブレーションするには、専用の機器が必要ですが、数万円〜十数万円します。

Macでは、簡易的にキャリブレーションできるシステムが搭載されていますので、プロカメラマンのような精度が必要でなければ、その調整でも大丈夫です。

一眼レフカメラの買い替え時のタイミングとは?
一眼レフカメラ基礎 新しいカメラ、買い時はいつ?ちょっと前に買った一眼レフを引っ張りだして、ちょっと撮影し始めたら楽しくなっちゃった!そうなると、新しいカメラが欲しくなる気持ちわかります。でも、最新モデルは高いですよね……。...

一眼レフカメラを持って出かけなくちゃ、はじまらない!

カメラは光学機器で工学機器で精密機器。

そんな理系の最先端のプロダクトから、あんなに繊細で美しいアートが生まれるなんて!

写真という芸術の面白さは、理系の最たるものと文系の最たるものの融合が生み出すところにあるのかもしれません。

でも。

でもでも。

カメラを持って出掛けなければ、素敵な写真は生まれません。

露出がどうの、絞りがどうの、レンズがどうの。理系のほうのことをたくさん理解しても、写真は上手くなりません。

まずはカメラと一緒にお出かけして、たくさんたくさんシャッターを切ること。

これが写真上達の近道です。

こんな風に撮りたい。

こんな写真を撮りたい。

そんな気持ちがなければ、理系の最たるもののお勉強をする気にはなりませんし、理系の最たるものがお好きなら、得た知識を駆使して、写真を撮りたくなるものです。

写真のある毎日は、毎日いろんな発見があって、面白いものです。

同じモノを違った目線でとらえるようになる。

それは、毎日の仕事や生活に、何か素敵なものをもたらすきっかけやチャンスになるかもしれません。

「わあ」と感動したら、パチリ。

「これおもしろいぞ?」と思ったら、パチリ。

メモをとるように、パチリ。そうするためには、カメラと一緒にお出かけしなくちゃ!

心が動いたそのとき、その瞬間、カメラを持っていなければ、シャッターボタンは押せませんからね。

何となく大きくて、黒くてかわいくなくて、そんなカメラですが、使ってみたら意外とおもしろいヤツなんです。

繊細な描写だってお手のもの。

かわいい写真だって、かっこいい写真だって、撮れます。

まずは身近なものにカメラを向けることから始めて見ましょう。

毎日見ていて見飽きているものだって、レンズを通してみたら、ちょっと素敵なものに見えるかもしれません。

カメラは、日常をちょっと楽しくしてくれる道具なんです。

一眼レフカメラ
スポンサーリンク
ご協力よろしくお願いします

この記事良かったと思ったら次の記事を書く励みになりますのでシェアよろしくお願いします。

sin5275をフォローする
関連記事



役に立つ 知識だよ。生活 雑学 情報

コメント

タイトルとURLをコピーしました