一眼レフカメラのホワイトバランスとは?

一眼レフカメラ

一眼レフカメラのホワイトバランスとは?

太陽の光、蛍光灯、白熱灯、LED。

蛍光灯はナチュラルやクールといった色が選べるものがあるし、白熱灯のような形をした蛍光灯もあります。LEDも、蛍光灯と同じように色が選べるタイプのものもあります。

人間の目はとてもよくできていて、太陽の光と蛍光灯のナチュラルはほとんど同じような色に見えるけれど、実は、カメラにとっては違う色をした光なんです。

それを、太陽の光と同じような色味に整えるのが「ホワイトバランス」というわけです。

試しに、晴れた日の屋外、太陽の光の下でホワイトバランスをいじって撮影してみましょう。

蛍光灯に合わせると青っぽく、白熱灯に合わせるとオレンジ色の写真に仕上がります。

その元になるのは色温度。

単位はK(ケルビン)で表します。

一眼レフカメラの「色空間」て設定なに?
一眼レフカメラ基礎 カメラの設定にある「色空間」て?保存形式のほかにも、カメラの撮影メニューで設定できる項目に、ナゾの言葉がいくつもあります。そのうちの1つが「色空間」。sRGBとAdobeRGBとありますが、一体どんな違い...

機種によっては、色温度を指定してホワイトバランスを整えることもできます。

白を白く写すために、ホワイトバランスを変えるわけです。

とはいえ、ホワイトバランスを、あえて蛍光灯で撮って青を強調したり、白熱灯に合わせて暖かい色味の写真に仕上げたり、といったこともできます。

もちろんオートで、カメラの判断にお任せなら、見た目に近い色の写真に仕上がります。

では自分で変えなくちゃいけないのはどんなときかというと、蛍光灯と白熱灯両方を使っている夜の室内で、全部の照明をつけて撮影をするときなどは一度オートで撮ってみて、色がおかしく感じられるのなら、ホワイトバランスの設定を変えてみるとうまく行くことがあります。

カメラのWBには、晴天や曇天、室内、日陰などさまざまなモードが用意されています。

例えば晴れた日の屋外で、太陽の光だけを使って、オートホワイトバランス、晴天、曇天、室内など、カメラ内に用意されているすべてのモードを使って撮影してみると、何がどんな色味ででるのかがよくわかり、いざというときに役立ちます。

設定の変え方は簡単。

メーカーやモデルにもよりますが、エントリーモデルならホワイトバランスの項目を選び背面の液晶を見ながら変えることが多いよう。

中級機以上ならWBと表示されたボタンを押しながらコマンドダイヤルをくるくる回すと変えることができます。

スポンサーリンク

一眼レフカメラ 光の位置を確認して空をくっきり青く撮ろう

お散歩中で旅行に行った先で。

広い景色だからこそ目に飛び込んでくる、鮮やかな色の青空。

「あ、きれい!」と思ってシャッターを切ってみたものの、あとから確認したらなんだか白っぽく写っていて、あのとき感動した空じゃない感じがしてガッカリ……。実はこれ、よくあるんです。
外で写真を撮るときには、太陽が今どこにあるのか、意識するようにするといいですよ。

一眼レフカメラの買い替え時のタイミングとは?
一眼レフカメラ基礎 新しいカメラ、買い時はいつ?ちょっと前に買った一眼レフを引っ張りだして、ちょっと撮影し始めたら楽しくなっちゃった!そうなると、新しいカメラが欲しくなる気持ちわかります。でも、最新モデルは高いですよね……。...

青空をくっきり青く撮りたいときもそう。

自分の背中側に太陽がある状態=順光で撮ると、空の青を青いままに切り取ることができます。
反対に、ちょっとやさしいふんわりとしたブルーの空に撮りたいときには、意識的に逆光(自分の見ている先に太陽がある状態)で撮ると、イメージ通りの空の写真になります。
この「光の位置」を確認するのは、写真を撮るときにとても大切な行動。

なぜなら、写真は、光で描く芸術でもあるからです。たとえば、つやつやのイチゴがかわいいケーキを撮ろうと思ったとき、今まさに見ている目線の位置でただカメラを構えて写真をとっても、さっきかわいいと思ったのになんかあんまりかわいくないかも……という写真になることが多いんです。

カメラを構え、ファインダーをのぞき、一番つやつやと輝いて見える角度を探します。

その角度で一番美味しそうに見える画角にズームしてパチリ。

これが上手に写真を撮るコツなんです。

ライティングという言葉を聞くと、プロカメラマンがスタジオで大きなストロボをいくつも立てている光景を思い浮かべる方もいらっしゃると思いますが、今そこにある光を読んで、一番素敵に見える角度を探したり、ケーキのように小さくて簡単に動かせるものなら、一番素敵に光が当たる場所に移動したりするのも、ライティングといえます。

光を読んで、一番素敵に見えるポジションを探すことこそ、光を描く芸術の醍醐味とも言えます。

一眼レフカメラでふわっとした写真に仕上げたい!

なんとなくふわっとした写真は、ソフトフォーカスフィルターというフィルターを使うと撮ることができます。

が、レンズに取り付けて使用するため、手持ちのレンズの直径に合わせて何枚もそろえなくてはいけないし、フィルターの種類によって、表現の仕方が違ってきます。

もしも、ちょっと試してみたい、とか、簡単にできる方法を探している、というのであれば、ストッキングや食品用のラップを使う方法がおすすめです。

レンズの前に、ナチュラルな色のストッキングを広げてかぶせ、固定するだけ。

これだけで、ソフトフォーカス効果を得ることができます。

この方法だと、写真全体に均一にソフトフォーカス効果がかかります。

一部分だけ、とか、ちょっとだけ、という方には、ラップがおすすめです。

ラップに丸く、淡い色のアイシャドーを塗ります。

一眼レフカメラで子供の運動会と寝顔を可愛く撮る方法とは?
一眼レフカメラで子供の運動会で上手く撮る方法とは?お父さん、お母さんが一眼レフを本気で使いたいと思う学校行事のひとつ運動会があります。スポーツをしている子供をしっかり撮りたいという理由で、位置がレフを用意する人が多いのも事実です。...

その円がレンズの中央にくるよう、ラップをピンと張って取り付ければOK。

こちらは、使用するアイシャドーの色が写真の色味を変えてくれるので、いろんな色で試したくなります。

アイシャドウは、100円ショップのコスメコーナーのもので十分です。

100円ショップでなら、男性でも購入しやすいですよね!

また、ソフトフォーカスではありませんが、お総菜が入っているようなプラスチックパック、ありますよね。

あのパックのでこぼこした部分をレンズ前にあてて撮っても、面白い写真が撮れます。

レンズの前ではありませんが、内蔵ストロボの前にトレーシングペーパーを張るのもおすすめ。

角度が変えられない内蔵ストロボの強い光を当てると、陰影が強く出てやさしい雰囲気の写真になりませんが、トレーシングペーパーを透過したストロボ光は少しやさしくなるので、影の陰影もやさしくなります。

一眼レフカメラ
スポンサーリンク
ご協力よろしくお願いします

この記事良かったと思ったら次の記事を書く励みになりますのでシェアよろしくお願いします。

sin5275をフォローする
関連記事



役に立つ 知識だよ。生活 雑学 情報

コメント

タイトルとURLをコピーしました