一眼レフカメラは雨の日のお出かけは持ち歩きNG?

一眼レフカメラ

一眼レフカメラ基礎 雨の日のお出かけは、カメラ持ち歩きNG?

確かに、一眼レフカメラのレンズやカメラは水に弱いものです。

だから、雨の日のお散歩にカメラの持ち歩きの気持ち、よくわかります。

嵐の日や暴風雨の日はともかく、しとしと雨や小雨の日に、あえてカメラを持ち歩くのは、おすすめします。

雨の日にしか撮れない写真もあるから持ち歩きをおススメです。

雨に濡れそぼったお寺の境内は、どこか雰囲気を感じさせる佇まいだったりしませんか?

霧が少しかかった森のなかなんて、とても神秘的ですよね。

梅雨時が花盛りの紫陽花は、晴れた空の下よりもしっとりとした雨の景色のほうがピンときますし、風情があります。

また、雨上がりの空が映り込んだ水たまりなんで、ちょっと絵になる光景に。でも、カメラが濡れて壊れちゃったらどうしよう……そんな心配がつきまといます。

一眼レフカメラは、その構造上、完全防水のものを作るのは難しいと言われています。

スポンサーリンク

一眼レフカメラは雨の日のお出かけは持ち歩きNG

ニコンの水中撮影用に開発されたニコノスシリーズなどは海の中でも使えるような完全防水のカメラなので例外中の例外ですが、場合によっては、レンズの交換ができる=本体とレンズの間に水が入ってしまうのはどうしても避けられないことなんです。

それでも、プロが使うことを想定して作られているレンズやカメラ本体の上位モデルは、防滴防塵性能が高く作られていますので、エントリーモデルよりは少しだけ安心できるかもしれません。

だって、砂漠や海上など、過酷な条件で使用するカメラマンもいますからね!

一眼レフカメラで料理をおいしく撮る方法とは?
一眼レフカメラで料理をおいしく撮る方法とは?料理をおいしそうに撮るためには、明るい光で撮ることが大切。太陽の光が入る時間帯なら窓際で、夕方以降の時間帯なら部屋の照明をすべてつけて明るくして撮りましょう。明るい光は、食材の色を...

では、私たち一般ユーザーが雨の日に持ち歩くときに気をつけることは?

  • カメラ本体を拭く布を持ち歩く
  • レンズの先端に、プロテクションフィルター(無色透明のフィルター)を取りつけておき、レンズ拭きクロスで手軽に水滴を拭えるようにしておく
  • レンズフードをつけておく(少しでも雨を避けるため)
  • 本体とレンズが濡れないよう、ビニール袋を活用する。デパートなどで雨の日に買い物をすると、ペーパーバッグを入れてくれるビニールが便利。持ち手を出す口からレンズの先端を出し、カメラとレンズ全体を覆えば、雨を防ぎながらファインダーを覗いて撮影ができます。シャワーキャップにファインダー用の穴をあけて使う人もいます。

それでも心配ならば雨の日のカメラの持ち歩きは避けた方がベター。

でも、どうしても、という場合には、きちんと対策を講じて出掛けましょう。

万が一壊れてしまっても、それはあくまで自己責任。買ったばかりでメーカー保証があっても、水没落下は保証対象外です(販売店の保証によっては、水没落下による故障も保証してくれることがありますので、約款をよく確認しましょう)。

一眼レフカメラの雨の日の持ち歩きは、メリットデメリットがあるので気をつけてください

一眼レフカメラ基礎 子供といつも行く公園でも、いい写真が撮れます

ちょっといい写真を撮りたくて、ちょっと遠くへお出かけするのも楽しいけれど、実は、毎日のように、週末ごとに、子どもと一緒に行くことが多い近所の公園にだって、視点を変えれば、いい写真が撮れる風景がたくさんあります。

広い空間、緑の芝生、カラフルな遊具。見慣れているから心が動かないけれど、じゃ、見慣れない角度で見てみたら?

そうです、その視点の変化こそが、いい写真を撮るために大切なこと。

楽しい被写体がたくさんある公園に、カメラを持っていかないのはもったいないですよね!

子どもを撮っても楽しいけれど、自分の視点で写真を撮るのも、楽しいものです。

たとえば、子どもと一緒に遊具に潜ってみたら、見慣れた町並みが新鮮に見えるかもしれません。

「あ! おもしろい」と思ったら、パチリ。

砂場や遊具の大胆な曲線を上手に切り取れば、見慣れた遊び場がぐっとおしゃれに見えたりして、なかなか楽しめます。

一眼レフカメラのホワイトバランスとは?
一眼レフカメラのホワイトバランスとは?太陽の光、蛍光灯、白熱灯、LED。蛍光灯はナチュラルやクールといった色が選べるものがあるし、白熱灯のような形をした蛍光灯もあります。LEDも、蛍光灯と同じように色が選べるタイプのものもあります。...

また、公園で子どもを撮ろうとカメラを構えたら、カメラを意識してしまったさっきまで大はしゃぎだったいい表情が消えちゃった、撮らないでと顔を隠されちゃった、という経験をしたことはありませんか?

そんなときには、望遠レンズが有効です。

子どもがカメラを意識しなくてもいいくらい遠くはなれたところから、望遠レンズを使って、ズームして、パチリ。

カメラを意識しない自然な表情を撮ることができますし、望遠レンズの圧縮効果のおかげで、背景のぼけがきれいに出て、ちょっと印象的な写真が出来上がります。

広いからこそ、引いたり、寄ったり、ちょっと離れたところからズームで狙ったり。いろんな写真の取り方を試せる公園は、カメラマンとして、腕を磨くのにぴったりな身近なスポット。

さ、今度の週末は、おむすび持って、近所の公園へ行ってみてはいかがでしょう。

一眼レフカメラ
スポンサーリンク
ご協力よろしくお願いします

この記事良かったと思ったら次の記事を書く励みになりますのでシェアよろしくお願いします。

sin5275をフォローする
関連記事



役に立つ 知識だよ。生活 雑学 情報

コメント

タイトルとURLをコピーしました